フロントオフィスの決断は正解だったか?~ 着々と準備中 ~ | 【NBA】SPURS-GYM

フロントオフィスの決断は正解だったか?~ 着々と準備中 ~

スポンサーリンク
SASコラム

今年のオフシーズンはスパーズファンにとっては試練の時でした。

フロントの完全な再建を目指すアプローチを支持し、ドラフト指名に同意した人たちでさえ、楽観視する理由を見つけるのに苦労しています。

さらに、フロントオフィスレベルでのリーダーシップの変化とここ数シーズンの不振は、おそらく将来について考えるときいくつかを心配します。

タイムトラベルする以外、将来についての不安を静めることはできませんが、フロントオフィスが最近正しく行っている小さな決断を見て、将来の懸念のいくつかを和らげるかもしれません。

ブライアン・ライト体制は、まだ偉大な成功を収めていませんが、すべてが将来のためになるように着実に進んでいます。

最大の例から始めて、そこから行ってみましょう。

デジョンテ・マレーのトレードはよく実行された

デジョンテ・マレーのトレードが必要だったか、正しい行動方針だったかについては、人によって意見が分かれるところですが、振り返ってみると、その実行力が優れていたことは間違いありません。

マレーは現在全盛期の非常に優れた選手ですがだが、長期契約を結ぶ前に3つの1巡目指名権と指名権スワップを獲得したことは印象的です。

この後他の多くのスター選手が獲得可能となり、ホークスとの話が頓挫していたかもしれないので、このタイミングも完璧でした。

迅速な行動はスマートだった。

その突然のスター選手たちのトレードが多く成立しました。

マレーとのトレードを判断するのに良い比較材料になしました。

ゴベアのトレードは周囲の予想を超えるアセットで、スター選手たちのトレード価値を混乱させました。

もしホークスとのトレードはゴベアのトレード後になっていたら実現できていなかったかもしれません。

マレーは優秀で、いずれはオールスターに何度も出場する選手になるかもしれないが、まだそのレベルには到達していません。

迅速かつ決定的な行動によって、スパーズとホークスの意向が合致したトレードとなりました。

【NBA観戦に最適!楽天モバイル! 】

多くのキャップスペースを持っている完璧なシーズン。

マレーのトレードから最大の失望は、サンアントニオに戻ってくる実際のプレーヤーがなかったということです。

オコングーやジョンコリンズの獲得を期待されていましたが、フロントは未来のドラフト指名選手に掛けました。

その決断の副産物としてドラフト指名権以外にも将来のためのキャップスペースの豊富さを手にしました。

今年はそれがすぐに役立つかもしれません。

スパーズは他チームのスター選手のトレードにうまく参加するポジションにいます。

キャップの柔軟性はトレードが開幕まで起きなかったとしてもシーズン中に、特にトレードデッドラインで便利に活用できます。

サラリーが高い選手を他のチームから引き受けることによって将来のドラフト指名権を獲得することが可能です。

来シーズンはさらなるキャップスペースを空けることができます。

またすぐには結果は出ませんが、数年後に若手の有望株が順調に育ってきたときにロスターをグレードアップしながら有能なベテラン選手を補強して強豪チームに復活する道筋もあります。

最悪の場合ロールオーバーしますが、しばらくはサラリーが足りない状況を作らずに貴重な柔軟性を与えます。

契約はうまく構成されている

スパーズには初契約でない選手が数人いるだけですが、その全員がうまく契約を結んでいます。

最も印象的な例は、ケルドン・ジョンソンの契約です。

4年8000万ドルの契約ですが、最後の二年は1750万ドルと合理的なサラリーの減少できています。

デメリットは、彼がスターに開花した場合、彼の契約を延長するのは厳しいかもしれないということですが、スパーズは、彼がフリーエージェンシーになった後、他チームよりも多くのサラリーを提供する可能性が残っています。

他の選手もリーズナブルな契約です。

ダグ マクダーモットはフラット契約な二年契約で両年とも13.7Mです。キャップ上限が上がると想定すると良心的な契約です。

トレードになったとしてもアセットにしやすい内容です。

ザック ・ コリンズの契約は今シーズン部分保証、来シーズンは非保証なので、カットする可能性があります。

もしケガから完全に復活できた場合、合理的な7.3Mの契約を維持しながら彼は優秀な場合彼にフルバード権を取得できます。

KBDとアリーゼの契約は非保証で判断がしやすい状況です。

ほとんどのファンはサラリーキャップをあまり気にしていないが、フランチャイズが過去数年間、バイアウトにつながった悪い契約や高額の長期契約の問題を抱えていたことを考えると、フロントオフィスが最近より慎重になっていることがわかります。

フロントオフィスはロスターの縁の下の力持ちとして良い仕事をした

ベストプレーヤーを高値でトレードし、巨大なキャップスペースを確保し、ベテラン選手との契約をうまく処理したフロントオフィスは、手頃な契約の魅力的な選手でロスターを埋めるという良い仕事もしました。

サンダーからアイザイア・ロビーを獲得したのは、再構築チームのための基盤を作る小さな良い動きの 1 つでした。

ロビーはスター選手ではありませんが、まだちょうど 24 歳で良いフィジカルツールと経験を持っているし、2Mと格安の契約です。

また、パワーフォワードとスモールボールのセンターをこなすことができるため、必要なポジションを満たしています。

2020年の2巡目選手であるトレ ジョーンズをキープしたのはスマートな計画でした。

同様にトレは2023 年に制限付きFAになりますがスパーズとフルバード権で3 年契約を与えるチャンスが期待できます。

アリーズ ジョンソンはローリスク、ハイリターンの契約です。

契約は1年で部分的に保証された契約となっています。

オールラウンドなゲームで過去にGリーグのプレーを支配しており、彼のリバウンドとパスのおかげで、NBAに生き残るチャンスがあります。

再建の成功はほとんどの場合、大きな瞬間によって決定されます。

チームは運を味方につけて、小さな動きからコツコツ行っていきます。

ただNBAでは何十もの細かい契約よりも、一つの素晴らしい動きが最も重要です。

それは大都市よりスターが訪れる機会が少なく不利なスモールマーケットチームにとって、不幸な事実です。

それでもフロントオフィスは近年うまく契約をまとめており、すべてを1から作り直す覚悟があります。

いまのところマイナスの動きをうまく避けている印象です。

うまくいけば、ブライアン・ライトGMとサンアントニオ・スパーズは、新しいチーム構築するために数々の重要な意思決定を行い、人々を釘付けにする準備が整うでしょう。

引用元:POUNDING THE ROCK

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

10月13日発売!NBA2022-23シーズン・コンプリートガイド



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました