ライトGM「一番良い選手を指名する」 | 【NBA】SPURS-GYM

ライトGM「一番良い選手を指名する」

スポンサーリンク
SASコラム

NBAドラフト2022がまもなく明日に迫っています。

サンアントニオスパーズは4つの指名権を持っており、どのような選手を指名するか注目されています。

ロスターを見ると、チームがセンターとフォワードのポジションでサイズを追加する必要があることを明確です。

多くのモックドラフトは、スパーズがセンターとフォワードの層を厚くするためにメンフィス大のジャーレン・デューレンやベイラー大のジェレミー・ソーハンを選択しています。

ただチームのロスター構成やドラフト指名の決断はGMが行います。

サンアントニオスパーズのブライアンライトGMは、先日メディアインタビューでドラフト戦略や今後の方針について話しました

NBAドラフトについて、ライトは将来的にチームを構築する場合は、ロスターにガードを 加える選択肢もあると話しました。

我々は常に組織の長期的な成功のために可能な限り最高のプロスペクトを見つけるしようとしてドラフトに望むんだ。


我々はサイズを追加することができるし、ガードを追加することができるんだ。

我々はチームを長期的にビルドアップを継続する必要がある。

そのため我々は常に現時点で最高の選手というアプローチを取ってきた。


もし指名可能な最高の選手がガードであれば、我々はその選手を取ることに何の問題もない。

みんな物事を把握する必要があるんだ。

それが我々が常にアプローチしてきた方法であり、今後もドラフトにアプローチしていくだろう。

重要なのはポジションやサイズだけではないんだ。

特にプレーオフを見ているとね。

プレーオフの試合ではガードばかり、ウィングばかり、ビッグ一人などシリーズごとや試合ごとにチームが変わっているのがわかるよね。

だから、我々が望むのは多才さなんだ。

ブライアン・ライト

ブライアンライトGMの計画は明確です。

現在のチームの再構築を長期的な視点で考えています。

ポジションのニーズ以上に将来的に実力を証明することができる選手にフォーカスしています

【NBA観戦に最適!楽天モバイル! 】

ドラフトで成功を収めてきたフランチャイズ

スパーズは最近のドラフトでもそのようなアプローチを取っています。

昨シーズン、 チームはサイズがある選手を必要としていましたが、12位でジョシュプリモを選択しました。

彼の1年目でのパフォーマンスは指名するに値する選手だったことを証明しています。

サンアントニオは2020年に11位でガード/フォワードのデビン・ヴァセルを獲得し、彼は堅実なNBAプレーヤーであることが証明されています。

チームは2019年にフォワードのルカ・サマニッチを19位で指名して失敗しましたが、2018年にスイングマンのロニー・ウォーカーIVを18位で、2019年にフォワードのケルドン・ジョンソンを29位で、そして2017年にガードのデリック・ホワイトを29位で指名しています。

全員が質の高いNBAの貢献者になることが証明されています。

GMのインタビュー以外にも様々な噂が飛び交っているため、昨年のドラフトのように、スパーズファンは覚悟する必要があるでしょう。

引用元:KENS5

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

10月13日発売!NBA2022-23シーズン・コンプリートガイド



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました