スパーズのディフェンスがなかなか改善しない理由とは?

  • URLをコピーしました!

サンアントニオ・スパーズは夏にビクター・ウェンバンヤマを獲得し、攻守で注目すべき進歩を遂げるはずでした。

しかし15試合が経過し、未熟なチームは3勝12敗でシーズン初の連敗記録に突入しています。

10連敗は屈辱的なものでした。

タイトルを争うフェニックス・サンズに対する勝利で、グレッグ・ポポビッチHCらは再建が予想よりもかなり進んでいるように見えましたが、現実に戻ってきました。

その多くの原因はディフェンスです。

昨シーズン同様にチームディフェンスが改善していません。

対戦相手は1試合あたり124.2得点(リーグ29位)を挙げており、その大半は3ポイントラインからのものです。

問題の原因を探る前に、数字を見てその人材の不足の度合いを十分に理解する必要があります。

サンアントニオは1試合あたりリーグワーストのワイドオープンスリー成功数25.3本を許し、その成功率が39.6%(リーグ29位)に達しています。

目次

スパーズのディフェンス戦略

スパーズはノーミドルスキームの下でディフェンス戦略をとっています。

これはコートの中央へのドリブル侵入を可能な限り阻止することを求めるものです。

しかし周囲で素早く動ける複数の選手がいる場合、このミッションを実行するのは難しい課題です。

リードボールハンドラーやセカンドサイドのスラッシャーは、オフボールディフェンダーをかわしてペイントエリアに進入してきた場合、チームディフェンスは混乱してオーバーヘルプに陥っています。

しかし基本的な責任を果たす上で連携がうまくいっていません。優れたオフボールディフェンダーやディフェンシブアンカーがいません。

若手選手たちはは基本的なローテーションに遅れたり、ドライブで過剰なヘルプをしたり、シューターへのチェックに失敗したりすることがあります。

最も顕著な問題は、スクリーン後のコミュニケーションが著しく不足していることです。

彼らのミスは相互に関連しており、負の連鎖が起きています。

個人を非難することはできますが、真実はアウトサイドシュートの苦境に誰もが貢献しているということです。

ファンはウェンバンヤマやソーハンを非難したくないかもしれませんが、彼らも問題の一部です。

彼らのマンツーマンディフェンスはほとんど素晴らしいですが、優れた対人能力や多才さでも、チームディフェンダーとしてはまだ改善の余地があります。

サンアントニオは状況を好転させ、このサイドで立派になることができます。

それは隣に立っている選手に話しかけ、信頼を示すことから始まります。

スパーズはNBAで最も若いチームでありケミストリー形成し、基本を学び規律を保つには時間がかかります。

この名門組織はまだウェンバンヤマ時代の初期段階にあります。

自然な成長の過程について心配する必要はありません。

根気強く見守りましょう。

引用元:Air Alamo

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

コストと味のベストバランス!REYSのホエイプロテイン

【カフェオレ味がオススメ!】

YouTubeもやっています。

SPURS-GYM チャンネル

皆さんのおかげで継続できています!

マッツのほしいものリスト

たまにポチっとお願いします!

NBAランキング
NBAランキング

ブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次