スポンサーリンク

モデルチェンジを行ったオルドリッジ

f:id:nba-iwantsomenasty:20200117110126j:image

スポンサーリンク

ストレッチ5のオールスター

 

 

バスケットボールは進化しており、ゲームに対する一般的なアプローチは、私たちが常に言われてきたものから劇的に変化しています。

 

過去20年まで最もスマートなショットは常にリム周りでした。

 

 

これがパワーフォワードであるオルドリッジに名誉を与えた方法です。

 

卓越したポストゲームと3ポイントライン内からのジャンプショットでリムの近くでプレーしました。

 

しかし近年の NBA のショットチャートは変わりました。

 

ミドルレンジのシュートは無くなり、スリーポイント、リム周りが中心になりました。

f:id:nba-iwantsomenasty:20200117105846j:image

 

ミッドレンジは失われた芸術と言われていますが、スパーズはそのようなショットを 現在進行形で活用しています。

 

ミドルレンジのアテンプトがNBA1位のスパーズ

 

2人のベストプレーヤー、オルドリッジとデローザンは最も熟練したミッドレンジスコアラーの2人であり、それらのショットからリーグを席巻しました。

 

しかし、2020年シーズンにチームをプレーオフに導くために オルドリッジは スリーポイントラインの外側までシュートレンジを広げることを始めました。

 

34歳のオルドリッジは驚異的な結果を残しています。

 

オルドリッジは、過去11回のゲームでスリーポイント成功率55%を達成しています。

 

アテンプト数が増えたため、成功率のランキングにも名を連ねています。

 

f:id:nba-iwantsomenasty:20200117150255j:image

※ヒート戦前 

 

フロアのスペースが改善されたため、スパーズはウィングスラッシャーのためにバスケットにパッシングレーンを開くことで、より完全なオフェンスゲームを展開できています。

 

オルドリッジは平均19.9ポイント、8.5ボード、1.7ブロックを使用しており、インサイドのゲームを犠牲にすることなく、オールラウンドなステータスラインを増やしています。

 

スリーを増やしているにもかかわらず、オルドリッジは第一の選択肢はポストスコアラーであり、トレンドの変化がそれを止めるつもりはないので、 ローポストでも存在感を発揮しています。

 

 

シューティング技術は一級品

 

彼のキャリアを通じて、アルドリッジはジャンプシュートに関して最高の才能を発揮してきましたが、バスケットから13フィートから20フィート離れたミッドレンジ ゲームが得意でした。

 

それでも スリーポイントラインまでエリアを広げたことで、今シーズンで最高のバスケットボールをしている、スパーズサイドも本人も語っています。

 

オルドリッジのシューティングをめぐる談話の多くは、彼がNBAキャリアを伸ばすことを示唆しています。

 

彼は昨シーズンのオールスターでしたが、3ポイント無しでオールスターに選ばれました。

 

ペイントで堅実なディフェンダーであるので、オルドリッジは彼の体と心が許す限り問題なくプレイするはずです。

 

 

しかしチームにフロアスペースを提供しなかった場合、それがスパーズであろうと他のチームであろうと、 勝利するのが難しかったかもしれません。

 

特にこのシーズンでは、アルドリッジは彼のショットのために スリーポイントラインの外側にポジションを取ることで、チームのより大きな利益のために犠牲にしています。

 

デローザンがオフェンスの流れの中でカットするスペースが増え、マレーやロニーなどがリムをオフェンスするためのランニングレーンが改善されました。

 

ボールをドライブしてキックアウトすること は、2014年にスパーズがチャンピオンシップを獲得した方法です。

 

 

スパーズを次のレベルへ押し上げる

 

このチームにオフェンス劇的な改善をすることができる魅力的なスリーポイントシューターになれる資格があります。

 

 

オルドリッジはまた、3ポイントラインの外側からドリブルを開始し、 ステップバックもすることができ、ショットに慣れてきているようです。

 

伝家の宝刀のミドルレンジからのフェードアウェイは減りましたが、ベースラインのミスマッチを攻めるオフェンスは現在でも有効です。

 

ディフェンス面では、スパーズはタイトル候補としての地位を取り戻すまでにまだ長い道のりがありますが、オルドリッジのシュートはオフェンスを別のレベルに引き上げました。

 

スパーズはプレーオフでスプラッシュをするダークホースと見なされる可能性があります。

 

今後に期待です。

 

 

▼ プロテイン・BCAAならマイプロテイン

 

日本のメーカーと比べて圧倒的に安い!! 管理人愛用中.

割引コード:PBY4-R1

 

 

 

 引用記事・画像:

LaMarcus Aldridge's shooting renaissance takes Spurs to the next level

twitter.com

 

▼ たまにポチっとしていただけると、モチベーションがさらに上がります。

 
NBAランキング

 

#NBA
#バスケットボール
#サンアントニオ・スパーズ
#GO SPURS GO

コメント

  1. しょー より:

    これは嬉しい変化ですよね。チームも助かってると思いますし、勝てるようになってチームの笑顔も増えた。熱さと喜びがはっきり見えるようになって観てるファンも嬉しいですね。
    これまでスリーポイントラインの内側でボールを受け取ってミドルで放つかポストアップだったのに、そこからステップバックで外に出てスムーズにスリーを打つなんて、そんなことできたん?!ってなりました。努力の結果なんでしょうね。
    ストレッチ5として機能するようになったのとは間違いなく、選手生命を伸ばしますね。
    今の状態を見ると、ファンのだれもが納得するようなトレードオファーがない限り、今年のコアはこのままでしょうね。

  2. nba-iwantsomenasty より:

    チームのオフェンスが劇的に変化しましたしとても嬉しい変化だと思います。
    元々ノビツキーと比較されるほどアウトサイドシュートが得意な選手だったので さらに開花しそうで嬉しいです。
    2年契約を全うしてほしいですね。
    トレードの噂は色々ありますが、 チームも仕上がってきているので 正直ないと思います。

タイトルとURLをコピーしました