Web
Analytics

SPURS-GYM : NBA,スパーズ&筋トレ情報届けます.

NBA、SPURS(スパーズ)応援ブログです.NBA&筋トレ情報をお届けします。ファン歴18年。

【スポンサーリンク】

GAME 41&42 VS ヒート&@サンズ

スポンサーリンク




f:id:nba-iwantsomenasty:20200120151524j:image


ハードワーク軍団ヒート

 Back-to-Backの2連戦です。

1戦目はホームでヒートとの対戦です。

 

2試合ともルディとキャロルは体調不良のため欠場です。

 

前回はヒートのハードワークの前に苦戦して接戦の末に敗れています。

 

 

www.spurs-gym.work

 

試合結果

 連敗ストップ!

f:id:nba-iwantsomenasty:20200120151517j:image

 

BOX SCORE

 

 

 

 

 

試合経過&印象

前半はシュートが決まらずディフェンスも機能せず、 ヒートペースで試合が進みます。

セカンドユニットでベリネリが効果的に得点を決めて同点に追いつくと、デローザンとマレーが中心となりショットが決まりはじめて6点リードで前半を折り返します。

 

 後半の立ち上がりはナンに連続得点を許しリードを許します。 

ヒートのゾーンディフェンスに苦しみ4Q中盤までリードされますが、 ホワイトのスティールからのオルドリッジのバスケットカウントとパティのハッスルプレー後に流れが変わり、リードを奪います。

 

クラッチタイムにベリネリが3を決めて勝利をしました。

 

パティのハッスル& ゾーンディフェンスの攻略

 

3Qはヒートのゾーンディフェンスに苦しみなかなかリードができない展開でしたが パティのハッスルによってスパーズ戦の選手にスイッチが入りました。

 

 

またゾーンディフェンスの攻略法として、

状況判断とオフボールムーブに優れたパティとベリネリ

落ち着いたプレーメイキングができるホワイト

を同時に起用したことで、インサイドアウトからの3ポイントを打つスペースを作ることができたのが大きな勝因となりました。

 

あとは残り1分のコーチチャレンジでバスカンがシュート前のファールに変わったことが大きく影響しました。

 

ベッキーACのファインプレーです!

 

 

またパティが今日の試合でキャリア1000本目のスリーポイントを決めました。オーストラリア人選手史上初の快挙です。

 

 

 

あとベリネリがクラッチタイムにシュートタッチを合わせてくるのは何なんでしょうね…

 

ともかくイーストの強豪に勝てたのは大きい!!

 

 

【2試合目】

フルメンバーが揃いつつあるサンズ

 Back-to-Backの2連戦です。

2戦目はアウェイでサンズとの対戦です。

 

前回はOTの末、勝利しています。

 

 

www.spurs-gym.work

 

 

試合結果

2連勝!!
 寿命が縮みました。

f:id:nba-iwantsomenasty:20200122110434j:image




 

BOX SCORE

 

 

 

 

試合経過&印象

序盤からお互いともオフェンスが好調でハイスコアな展開になります。

 

2Qにはフォーブスが7本の3ポイントを決めて大きくリードを奪います。

 

3Qはホワイトが要所要所で得点を決めて、リードを20点まで広げて試合をコントロールします。

 

このまま終盤までリードを保つと思いきや、ゾーンに入ったブッカーを止められず 15-0のランを奪われ、終盤残り2分に逆転されます。

その後フォーブスの3ポイントとデローザンのカウントワンスローで逆転してなんとか逃げ切りました。

 

 心臓に悪い勝利…

 

試合を通してアウトサイドは好調でした。

ボールムーブメントもよく30アシストを記録しています。

 

 

前半のフォーブスの3ポイントとホワイトの試合を支配する活躍でなんとか勝利をすることができました。

 

フォーブスはキャリアハイの1試合8本のスリーポイントを決めました。

 

終盤に弱点のディフェンスを責められ危うく戦犯になるところでしたが、勝利に大きく貢献しました。

 

 

ホワイトは試合をコントロールしつつディフェンスでもパスカットを狙って存在感を見せました。

特に流れを持って行かれそうな時も攻守で相手に流れを渡さず、素晴らしい活躍でした。

間違いなく今日のMVPです。

 

 

二人の活躍により勝利することはできましたが、 4Qの戦い方はかなり課題が残ります。

 

4Qが課題

 

4Qに大量リードがすべて無くなりました。

 

4ガードラインナップの時間帯にディフェンスが大きく乱れ、 ピックアンドロールから簡単に点数を取られていました。

波に乗ったサンズのオフェンスを止めることができませんでした。

 

4Q中盤以降はホワイト・マレーを併用して ウィングのディフェンスを固めましたが波に乗った相手を止めるには少し遅かったようです。

 

ここ5試合4Qだけの点数でいくと、 1勝4敗です.

 

終盤の戦い方は修正してほしいですね。

 

それでもback to backで 2連勝できたのは大きいです!

 

次の試合

次は1月23日アウェーでペリカンズとの対戦です。

ザイオンが復帰予定の試合となっています。

 プロの洗礼を浴びせましょう!

 

順位表

 

引用記事・画像:

Twitter Spurs


twitter.com

 

 

▼ たまにポチっとしていただけると、モチベーションがさらに上がります。

 
NBAランキング

 

#NBA
#バスケットボール
#サンアントニオ・スパーズ
#GO SPURS GO