SPURS-GYM : NBA,スパーズ&筋トレ情報届けます.

NBA、SPURS(スパーズ)応援ブログです.NBA&筋トレ情報をお届けします。ファン歴18年。

【スポンサーリンク】

GAME22 VS ロケッツ

広告

スポンサーリンク

f:id:nba-iwantsomenasty:20191204200433j:image

ハーデンがMVP級の活躍をしているロケッツ

 

 今日の対戦はホームでロケッツです。

ハーデンが絶好調です。先日の試合で60点を記録して化け物級のスタッツを残しています。

 

 

試合結果

SPURS WIN!!!


f:id:nba-iwantsomenasty:20191204204834j:image

BOX SCORE

 

 

 【スポンサードリンク】

 

 

試合経過&印象

先日からオルドリッジとメトゥがケガで欠場です。

 

序盤はハーデンのペネトレイトとカペラのインサイドにやられてリードを許しますが、セカンドユニットが巻き返します。しかしハーデンを止められずフリースローを重ねてしまいリードを奪われます。3Q序盤からラス・ハーデンの連続得点、リバースの連続3Pでリードを大きく広げられます。3Q残り2分の時点で22点のビハインドを背負います。

 

もうだめかとあきらめかけた時、3Q終盤からロニーを中心としたセカンドユニットが追い上げます。4Q残り11秒でロニーが同点3Pを決めてOTに突入します。

 

 

2OTの熱戦の末、最終盤にはデローザンが逆転のフリースローを決めて、ロケッツのラストオフェンスではハーデンからテイクチャージをとり、勝利を決定付けました。

 

 すごい試合でした。

終始ロケッツが支配していましたが、最後の最後で逆転しました。

何度も鳥肌が立ちました。

 

ロケッツ戦はいつも何かが起きますね。

しばらく語り継がれる試合になるでしょう。

 

 

ロニーがついにチャンスを掴み取った!

 

ついにこの時が来ました!

 

ロニーは4Qだけでクラッチタイムの連続3Pを含めて19ポイントを獲得しました。4Q終盤の8-0のランを生み出しました。

 

ロニーのランは、ダンクから始まり残り11.5秒の同点ディープ3Pで潜在的な力を開花させました。

 

躍動感があふれるペネトレイト、滞空時間が長いフィニッシュ、クラッチタイムでも動じないメンタル、運動量が豊富なディフェンス、すべてが将来楽しみな選手です。

 

今のスパーズには無い、アスレチックな能力を持っています。

 

▼キャリアハイの28点!!▼


Lonnie Walker IV 28 Points Highlights vs Houston Rockets | 4.12.2019

 

ハーデンへのディフェンスではしつこいチェックとスピードを生かしてタフショットを誘発してFG成功率を28%に抑えました。

 

ステップバック3Pに1番よく反応できていた印象です。

 

スパーズの大反撃の原動力となったロニーは、

「自信がついたのが大きい。チームメイトが自分を使い続けてくれ、自分も乗ってきたとわかった時点で、全てを出し切って自分のスタイルでプレイしようと考えた。自分ができることを、できないことはわかっている。チームバスケで勝利を得ることができたことがとにかく嬉しい」

とコメントしました。

 

クラッチFTを決めたデローザンも、

「彼はこのチームで最もアスレチックな選手だ。私たちの多くができないことをすることができる。彼は意志と能力でプレーするだけで、それを実現した。」

と賞賛のコメントをしています。

 

 

先月のクリッパーズ戦では消極的なプレーをしてポップから批判されて、しばらくガベージタイムでしか出場機会がありませんでした。

 

最近の試合では短時間の出場で得点を重ね、首脳陣にアピールしていました。

 

 

今日の試合ではついにチャンスを掴み取り勝利の原動力となりました。

 

パートル覚醒中!

 

 ここ数試合、リムプロテクターとして機能しているパートルですが、今日は今シーズンベストのパフォーマンスでした。

6ポイント、キャリア最高の15リバウンド、5ブロック、2アシストを記録しました。

 

リム周りで簡単に仕事をさせませんでした。

 

ウェストブルックまたはハーデンがペイントに行ったとき、彼はフロアーから50%を撃ち、ペイントを詰まらせました。FG成功率は18/58に抑えました。

 

リムプロテクションはチームメイトのミスを消し去り、ブロックショットは速攻の機会を作り出しました。

 

クラッチタイムのハーデンのブロックは見事でした。

 

 

 今日の試合でポップも手ごたえを感じており、

 「これは私たちが持っていると思うチームであり、今日のように一貫してプレーしなければならないだけで、実際にはそれをやっていない。私たちはそれを理解し始めている」

とコメントしています。

 

他にも4Qの追い上げを支えたパティ&ライルズ、ディフェンスで貢献したマレー、泥臭く得点を重ねたデローザン、高確率でアウトサイドショットを決めたフォーブスと書ききれないほどありますが、今日はここまでとします。

 

いい試合でした!!

とにかく勝ててうれしいです。

  

 

気になった選手

 

ハーデンはさすが。止められませんでした。

3Pが入っていれば負けてました。

 

あとダンク誤審は…しょうがない。

お互い様です。

もう少し審判の質が上がってほしいです。

 

 

 

次の試合

  次は日本時間12月7日にキングスと対戦です. ここで勝利すれば、プレーオフ戦線に大きく近づくことができます。

ホーム2連勝したいですね!

 

 

 

 

順位表

 

引用記事・画像:

Twitter Spurs


twitter.com

 

▼ たまにポチっとしていただけると、モチベーションがさらに上がります。

 
NBAランキング

 

#NBA
#バスケットボール
#サンアントニオ・スパーズ
#GO SPURS GO

【スポンサーリンク】