来季のセカンドユニットは大きな武器になるか?

  • URLをコピーしました!

スパーズは昨シーズン多くの弱点があり、強みを持っていませんでした。

それは計画的なもので今年かなり改善されるはずですが、ウェンバンヤマがその改善に最も影響を与えるでしょう。

ただしウェンバンヤマの登場に依存しない分野もあります。

それはベンチユニットです。

その理由を以下に示していきます。

目次

元スターターがシックスマンになる


ベンチを向上させる優れた方法の一つは、スタータークラスの選手が控えにいることです。

スパーズではウェンバンヤマがパワーフォワードとして開幕戦からスターター予想されているため、誰かがポジションを譲る必要があります。

デビン・ヴァセルとザック・コリンズは安定しているようですが、ジェレミー・ソーハン、ケルドン・ジョンソン、あるいはトレ・ジョーンズのうちの誰かがベンチスタートになるでしょう。

これらの選手は全員セカンドユニットを大いに助けることができるでしょう。

ジョーンズはオフェンスをコントロールし、ペースを上げる能力を持ち、昨シーズンの控え選手の強みではなかったものを提供し、同時にディフェンスのポイントでプレッシャーをかけることができます。

それはグラハムができないことです。

ソーハンがベンチから出場する役割を果たすことになった場合、攻守でのオールラウンドなスキルはどんなラインアップでも自分の存在感を示す助けとなるでしょう。

ソーハンは基本的にケイタ・ベイツ・ディオプよりもアップグレードされるでしょう。

その中でも最も興味深い選択肢はケルドンです。

昨シーズン平均22得点を挙げた選手をベンチに送るのは異例に思えるかもしれませんが、ケルドンがセカンドユニットを指揮し、同時にスターターと一緒に多くの時間を過ごすアイデアは理にかなっています。

2ndユニットには元々スターターだったマクダーモットがいて、伝統的なビッグマンのバッシーがいてスクリーンをかけてくれるでしょう。

ケルドンがパフォーマンスを維持できればシックスマン・オブ・ザ・イヤーに大きなチャンスがあるでしょう。

ケルドンは素晴らしいスーパーサブになるかもしれませんが、元スターターがベンチに出場するにかかわらず、スパーズは試合を変えるのに十分な実力を持つ選手を持つことになります。

若手の成長に期待

スパーズは前シーズンベンチからの出場時間を獲得した若手選手、マラカイ・ブラーナムとチャールズ・バッシーの2人抱えていました。

この2人は来シーズンさらに多くのプレイタイムを得て、追加の責任に備えるべきです。

ブラーナムはシーズンが進行するにつれて大きく成長し、NBAの仕組みを理解し始めるにつれて自信を持つようになりました。

ブラーナムが本格的にローテーションメンバーとしてプレイし始めたのは、スパーズが完全なタンクモードに入った時期で、自身のミスを通してプレーすることができました。

しかしブラーナムはあまり無理せず、必要なときにハンドラーを務めたときに、得意のミッドレンジジャンプショットに焦点を当てました。

オフシーズンのトレーニングではおそらく3ポイントショットを含むいくつかの新たな武器が備わるでしょう。

そしてNBAのディフェンスに対応するために体力できれば、次のシーズンもさらに素晴らしいスタートを切るはずです。

一方バッシーについては怪我が成長を阻害しましたが、進歩を妨げていた主な要因は単純に何をすべきかわからなかったことでした。

バッシーは2way契約でチームに加入し、Gリーグで圧倒的なパフォーマンスを見せた後、何分かの出場時間を与えられました。

彼は自身のアスレチック能力とエネルギーを活かし、攻守でインパクトを与えることもありましたが、完全に迷子になった期間もありました。

これは理解できることでした。

バッシーは膝蓋骨のけがの後、数か月間ベンチで過ごしたため、スパーズのプレースタイルを理解するうえでより良い理解があるはずです。

また他の若手選手ブレイク・ウェスリー、サンドロ・マムケラシュヴィリ、ドミニク・バーロウなども、必要な場面での貢献に備えて、今年はより準備ができるでしょう。

チームの層の厚さが大幅に強化されるでしょう。

信頼できるベテラン選手がいる

現在スパーズはグラハム、ケム・バーチ、ダグ・マクダーモット、セディ・オスマンをロスターに抱えています。

レギュラーシーズンのロスターキャップを満たすために、1人を解雇する可能性が高いですが、開幕前に大規模なトレードが行われない限り、若手選手を指導し、信頼性のあるベテラン選手は残るでしょう。

少なくとも数か月間はそうでしょう。

彼らはそれぞれ独自のスキルを持っていますが、3人が共有する重要なスキルがあります。

それはシューティングです。

先発メンバーや若手のベンチ選手について最も大きな疑問が、アウトサイドシュートを十分に決めることができるかどうかです。

これら4人のベテランのうち誰か一人でもすぐに入れ替えて、この分野で助けになるはずです。

またそれぞれ異なるタイプのシューターであり、それぞれプルアップが得意、オフボールムーブやスポットアップが得意な選手がいるため、適切な組み合わせが可能です。

マクダーモットはサンアントニオでの2年の経験もあり、他の選手たちは役割を受け入れることで長いキャリアを築いてきたため、ロッカールームで問題を引き起こすことはないでしょう。

残留する選手はおそらく来シーズンのトレード期限が近づくにつれてトレードの餌食になるかもしれませんが、しばらくの間グレッグ・ポポビッチはシューティングとリーダーシップがベンチから必要な時に頼れる選手を持っていることになります。

これによりスパーズの2ndユニットは通常の2、3人の主要な交代選手以外でも十分なオプションを持ち、相手との対戦に対応するためにサンアントニオに多くの選択肢を提供することでしょう。

スパーズのセカンドユニットは主要な選手以外でも十分に充実し、対戦相手に対応できるでしょう。

期待しています。

引用元: POUNDING THE ROCK

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

人工甘味料不使用でおいしい!

【MAD PROTEIN(マッドプロテイン)リッチチョコレート味!】

YouTubeもやっています。

SPURS-GYM チャンネル

皆さんのおかげで継続できています!

マッツのほしいものリスト

たまにポチっとお願いします!

NBAランキング
NBAランキング

ブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次