スパーズはトレードデッドライン前に動くか? | 【NBA】SPURS-GYM

スパーズはトレードデッドライン前に動くか?

スポンサーリンク
SASコラム

NBAシーズンの前半戦が終了しました。

各チームのシーズンプランが 徐々に明確になってくる時期です。

予想外に健闘しているチーム、不調のチームと状況は様々ですが、 それぞれのチームにテコ入れが必要な時期になってきました。

トレードデッドラインが近づいてきました。

今年のトレードデッドラインは3月25日 に設定されています。

スパーズは補強に動くか?

現在ウエストのプレーオフ争いをしているスパーズはトレードに動くでしょうか?

結論から先に言うと、 限りなく0%に近いと思います。

元々スパーズはチームケミストリーを重視するチームで、シーズン中のトレードはほとんど行わないことで有名です。

さらに理由を挙げると

が挙げられます。

シーズン中のトレードを行った例としてもう10年前にさかのぼります。

全くチームにフィットせず悪影響が出ていたRJのトレードです。

この時もケミストリーを考えてのトレードでした。

ただファンとしてはこのトレードデッドライン前は色々な妄想が膨らみ楽しい時期でもあります。

そのため今回はもしかしたら実現するかもしれないトレードを噂を含めて紹介していきたいと思います。

ボストン・セルティックス

豊富なタレントでイーストの上位シードを固める予定だったセルティックスですが今シーズン不調に陥っています。

特に指摘されているのがインサイドのサイズとオフェンス力不足、 セカンドユニットの層の薄さです。

シーズン中でも積極的にトレードを行う エインジGMだけにアウトサイドシュートも打ててサイズもあるオルドリッジ、 セカンドユニットを引っ張ることができるルディは魅力的なプレーヤーだと思います。

交換相手として理想は将来の1巡目指名権、 ダニエル・タイス、 ロバート・ウィリアムスなどが候補で挙げられています。

ただオルドリッジがサラリーが2400万ドルと高額であるため、 他のチームも絡めたトレードにしないと実現の可能性はかなり低いです。

上手くいけばマイルズターナー強奪も…

アトランタ・ホークス

シーズン開幕前、積極的な補強でバランスの良いロスターとなったホークスですが、 欠場者も多くディフェンスが機能せず非常に苦しんでいます。

また若手の優秀なPFジョンコリンズの ルーキー契約が最終年となっており移籍の噂が絶えません。

ホークスもコリンズのトレード交渉をオープンにしている噂もあります。

ディフェンス力も高く3・4番がこなせて経験豊富なルディはホークスにとって魅力的なプレイヤーです。

交換相手として理想はジョン・コリンズ、トニー・スネルあたりとドラフト指名権となるでしょう。

ただコリンズは来シーズン制限なしFAです。

今年のオフにオファーすることもできるため無理に獲得する必要もありません。

マイアミ・ヒート

昨シーズンNBA ファイナルまで行って将来も有望なヒートのロスターですが、今シーズン非常に苦しんでいます。

特にオフェンスをクリエイトできる選手が少なく、リーグ25位のオフェンス力で 得点力不足に苦しんでいます。

ルディのトレードの噂が流れました。

ただスパーズのニーズにあいそうな選手が少ないため、 ダンカン・ロビンソンやプレシアス・アチュワなどの有望な若手、ドラフト指名権をセットにするなどヒート側が譲歩しない限りスパーズのメリットが少ないです。

オーランド・マジック

先日スパーズがニコラ・ブーチェビッチの獲得に強い関心を示しているという噂が流れました。

オーランドとしては今後贅沢税ライン(132.6M)を回避したい、 ブーチェビッチの残り3年の契約が重いという理由が挙げられます。

またスパーズは契約が今シーズン限りの選手が多いため魅力的な取引先です。

個人的な意見としては、

厳しい条件を受け入れない限り成立しないでしょう。

ただでさえスパーズは見返りを多く求めるチームです。

ニコラ・ブーチェビッチはリバウンドも強くアウトサイドシュートも打ててオールラウンドなスキルが魅力的なビッグマンです。

そもそもマジックは怪我人が続出している中でブーチェビッチを軸にプレーオフ争いができているため、マジックが放出する可能性は非常に低いです。

ブーチェビッチが移籍を希望しているなら話は別ですが。

 

 


たぶん例年通り何も起きない

候補リストをまとめてきましたが、余程交渉先が譲歩しない限り、スパーズ側にメリットがある条件が少ないです。

それよりも今のメンバーのケミストリーを高めていった方が良い結果になりそうです。

シーズン開幕前も大きなと動きをしているのでは?という話がありながらも、結局全く動かなかったスパーズです。

今からトレードデッドラインまで様々な噂が飛び交うと思います。

それでも所詮は噂は噂なので適度に妄想しながら楽しみましょう。

【すっきりしておいしい‼コスパ抜群のプロテイン】


カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました