ドラフトロッタリーが開催!スパーズの結果は? | 【NBA】SPURS-GYM

ドラフトロッタリーが開催!スパーズの結果は?

スポンサーリンク
SASコラム

NBAドラフトロッタリーが日本時間5月18日午前9時から開催されました。

ドラフトロッタリーの結果は以下のようになっています。

今回のロッタリーではキングスが7位から4位にジャンプアップしましたが、大きな波乱はありませんでした。

サンアントニオスパーズは大方の予想通り9位指名権を獲得しました。

スパーズが9位指名権を獲得する可能性は50%でしたが、10位指名権に転落する可能性も26%あったため、 最悪の結果を免れて良かったと思います。

プレゼンターだったデビッド・ロビンソンは 今回の結果に満足しているようです。

ナンバーワンピックを手に入れると期待されていたと思うけど、良い順位を獲得出来た。

私たちは素晴らしいチームなので、9位指名権で素晴らしい選手を獲得すると思うよ。

デビッド・ロビンソン

【NBA観戦に最適!楽天モバイル! 】

今後どのような動きがある?

今回のロータリーでドラフト指名順位が確定しました。

スパーズが今年のドラフトで保持している指名権は以下の通りです。

  • 9位指名権
  • 20位指名権(←ラプターズ)
  • 25位指名権 (←セルティックス)
  • 38位指名権 (←レイカーズ)

合計で4つの指名権を持っています。

ただ全ての指名権で選手を獲得してロスターに加える可能性は、限りなく低いです。

今シーズン終了時点でのロスターは全て埋まっています。

来シーズンの契約が保障されていない選手もいますが、 4名全員を加えるためには数名トレード、解雇する必要があります。

そのような動きをするとは考えにくいため、 複数の指名権を活用してトレードアップするか、 将来の指名権とトレードするなど、何かしら動きがあるでしょう。

理想的なシナリオとしては20位+25位指名権(+選手)を活用して、12位〜14位の指名権とトレードする案があります。

またトップ4ピックを狙ってトレードアップする案もありましたが、かなりの犠牲(将来の指名権+ケルドン・ヴァセルなど)を伴うため、現実的ではないようです。

トレード当日以降も何が起こるかわかりませんが、非常に刺激的なオフシーズンとなりそうです。

今後もドラフト指名予想の記事やシナリオについて投稿していきますので、 色々予想しながら楽しく見守っていきましょう。

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

10月13日発売!NBA2022-23シーズン・コンプリートガイド



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

  1. パパさん より:

    何か9位指名権では中途半端で誰を指名したら良いのか分からなくなりますね~。デューレンやキーガンはもうムリっぽいので、ソーハンかタリ・イーソン辺りになるのかな~?コンバインで評価上がればソーハンもムリになりそう・・・20位と25位は来季の一巡目指名権と交換するのが良さ気ですな〜。

タイトルとURLをコピーしました