まもなくサマーリーグが開幕。注目ポイントは?

  • URLをコピーしました!

サンアントニオ・スパーズが最後に公式戦をプレーしてから、ほぼ3か月が経ちました。

突然チームにとって忙しい夏が訪れました。

ビクター・ウェンバンヤマ、ジェレミー・ソーハン、サンドロ・マムケラシュヴィリがパリ・オリンピックに向けて国際試合を行っています。

そして若手スパーズの選手たちが夏のスケジュールに向けて練習を始めました。

スパーズのサマーリーグチームは日本時間7月7日にサクラメントで初戦を迎え、シャーロット・ホーネッツと対戦します。

サマーリーグはルーキーが良い第一印象を残すため、ドラフト外の選手はロスターに残るため、あるいはベテランが再挑戦するための機会の場です。

スパーズのロスターには多くの注目すべきストーリーがあります。

特に注目されるのは、彼らの1巡目指名選手ステフォン・キャッスルでしょう。

他にもいくつか注目すべきポジションの選手たちがいます。

ケニー・トレビーノがチャンスを得る

サンアントニオのサマーリーグチームは、新任コーチのケニー・トレビーノが率います。

トレビーノは組織内で初めての役割ではありません。

彼は11歳の時にスパーズのボールボーイとしてキャリアを始め、20年後にはチームのビデオコーディネーターとなりました。

最終的な目標はヘッドコーチになることであり、この夏が彼の実力を示す初めての機会となります。

記者会見でトレビーノはユタ・ジャズのヘッドコーチ、ウィル・ハーディをステップアップしていくためのインスピレーションとして挙げました。

ハーディはビデオルームからサンアントニオのアシスタントコーチに進み、初のヘッドコーチの職を得ました。

トレビーノは今夏、そしてスパーズのコーチ陣の中で注目すべき名前です。

スパーズのルーキーのデビュー

ハリソン・イングラムとキャッスルがサマーリーグで初めてシルバーとブラックのユニフォームを着ます。

両選手はサクラメントとラスベガスで自身の実力を示す十分な機会があるでしょう。

この夏、スパーズがキャッスルをどのように使うか注目です。NBAレベルでのボールハンドラーの責任を引き受けるために、ピックアンドロールの機会を与えることが理にかなっています。

キャッスルのオフェンスを指揮する落ち着きとオフェンスクリエイト能力は注目すべきスキルです。

彼のアウトサイドショットは大きな課題であるため、ゲームで1、2本決めることができれば、スパーズのコーチングスタッフを喜ばせるでしょう。

イングラムは今シーズンのサンアントニオのローテーションに加わるための競争が激しいです。

サマーリーグは彼にとって良い印象を与える初めての機会です。

イングラムは内外でプレーできる3&Dの選手です。

質の高いハードワークとシュートの成功がスタッフに好印象を与え、トレーニングキャンプに向けて良い勢いを築くでしょう。

お馴染みの顔が戻ってくる

昨夏ジュリアン・シャンパニー、マラカイ・ブラナム、ブレイク・ウェスリーはサマーリーグで印象的な活躍を見せ、レギュラーシーズンでのローテーションの時間を得ました。

今年サンアントニオには同じことを目指す2年目と3年目の選手が数人います。

その中でも注目すべきはシディ・シソコです。

彼は昨シーズンに悩まされた膝の怪我から完全に回復したと述べています。

レギュラーシーズン以降、体重を9kg減らしたとも述べました。

機動力があり、フィジカルも強いシソコは、この夏スパーズにとって有力なディフェンシブプレイヤーとなる可能性があります。

ただオフェンス面ではまだまだ課題が多いです。

シソコはプレーメイキングとシュート力の向上を示す必要があります。

サンアントニオは昨シーズン、2way契約で時間を過ごした4人の選手を連れてきます。

デイビッド・デューク、セス・ミルナー、ライクアン・グレイ、ジャマリー・ブーイエがサマーリーグに出場します。

デュークは最近スパーズによって制限付きフリーエージェントとなり、ディフェンス力が評価されています。

ミルナーはアウトサイドが得意で、グレイはインサイドでの強さが特徴で、ブーイエは得点力のあるアンダーサイズガードです。

全員が昨シーズンオースティン・スパーズで時間を過ごしました。

ドラフト外のルーキーがスポットを狙う

昨シーズン、スパーズはサー・ジャバリ・ライスなどのドラフト外ルーキーに2way契約契約を提供しました。

今年のドラフト外ルーキーたちは、良い夏を過ごせばスパーズに残るチャンスがあります。

注目すべき名前には、DJ・ホーン、ライリー・ミニックス、ジャミア・ネルソン・ジュニア、ダリン・グリーンです。

大学バスケファンは、ノース・カロライナ州立大でファイナル4に進出したホーンを認識するでしょう。

ホーンはスコアリングガードで、大学5年目で平均16.9ポイントを記録し、3P成功率40.4%でした。

この夏注目すべき選手です。

ミニックスも大学時代に高い得点力を誇った選手で、昨年のNCAAトーナメントで27ポイントを記録しました。

ミニックスはモアヘッド州立大学で1年間、NAIAのサウスイースタン大学で4年間プレーしました。

201cmのミニックスはポストプレーヤーとして優れています。

昨シーズンは平均20.9ポイントと9.7リバウンドを記録し、3P成功率34.9%でした。

ネルソン・ジュニアは元NBAポイントガードのジャミア・ネルソンの息子です。

彼はNCAAトーナメントに出場したTCUの堅実なガードで、昨シーズンは平均11.2ポイントと3.3アシストを記録しました。

ダリン・グリーン・ジュニアは昨シーズンフロリダ州立大学の優れたシューターで、3ポイントシュート成功率41.7%でした。

これらの選手のうちの一人がブレイクし、サンアントニオまたはオースティンでスポットを獲得することがあっても驚かないでしょう。

引用元:Pounding The Rock

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

美味しくて手軽にタンパク質が取れます!

【inバー プロテイン ベイクドビター味】

YouTubeもやっています。

SPURS-GYM チャンネル

皆さんのおかげで継続できています!

マッツのほしいものリスト

たまにポチっとお願いします!

NBAランキング
NBAランキング

ブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次