ザック・コリンズの適応力はウェンバンヤマの成長の鍵となるか?

  • URLをコピーしました!

スパーズがセンターの代わりにビクター・ウェンバンヤマをパワーフォワードとして起用する決断は、昨年の先発ラインアップから1人の選手の未来を明確にしました。

ザック・コリンズは来シーズンのサンアントニオのセンターとしてプレーを継続しています。

特にオフェンス面での役割については、少し不透明な部分があります。

スパーズのオフェンスにおいて、コリンズは起点としてもフィニッシャーとしても重要な役割を果たしてきましたが、今シーズンは主にウェンバンヤマに合わせることにフォーカスする必要があるかもしれません。

昨シーズンオフェンスの主要なオプションとしての一貫性を見つけた後、コリンズはウェンバンヤマに合わせるために役割が削減されたり変更されたりする可能性があります。

3rdオプションの役割を果たしたコリンズ

コリンズに求められることに入る前に、前年に彼が達成したことを知ることが重要です。

コリンズは、シーズン終了後にサンアントニオでプレーした選手の中で、デビン・ヴァセルとケルドン・ジョンソンに次いでフロントコートでのタッチ数で3位にランクされました。

彼よりも多いタッチ数だった選手はヤコブ・パートルです。

センターはスパーズのオフェンスにおいて大きな役割を果たし、通常ボールをキーのトップで受け取り、カッターを見つけたり、ハンドオフを行ったりして、スラッシャーに有利な状況を作り出しました。

スパーズの試合を何試合か観戦した人は、おそらくそれに気付いたことでしょう。

NBA CourtOptixのデータによれば、サンアントニオはハイポストからのパスでリーグで第3位にランクされ、これはナゲッツとキングスに次ぐ成績でした。

ポストからオフェンスの起点となった

またサンアントニオは比較的ポストプレーを多用するチームでもありました。

Synergy Sportsによれば、スパーズよりポストでのプレーを終えた回数が多かったのはわずか9チームでした。

コリンズはその状況で多くの仕事をし、リーグ全体でポストでのポゼッションごとの得点で12位にランクされ、ポゼッション数が多いのポストプレーヤーの中でポゼッションごとの得点で16位にランクされました。

彼はピックアンドロールでのプレーではあまり効果的ではありませんでしたが、スパーズは彼をダイブマンとしてもピック&ポップの脅威としても活用しており、そのセッティングでもリーグで20位にランクされました。

ヤコブ・パートルもこれらのカテゴリーで似たような数字を示しており、チームオフェンスはパス能力のあるビッグマンを中心に構築されていることを示しています。

これはペリメーターで一貫性のある焦点を持たないチームにとって、均等なオフェンスをセットアップする賢明な方法でした。

今季は役割が変わりつつある

ウェンバンヤマを加える場合、同じアプローチが適切でしょうか?

ウェンバンヤマはディフェンス力に比べてオフェンスにおいては進化途中ですが、理想的には将来的にはチームの中心選手になるでしょう。

ウェンバンヤマの長所は現時点ではあらゆることができることですが、そのオールラウンドを活かすのは難しいことがあります。

スパーズとウェンバンヤマは、どの能力を最初に発展させるかを決定する必要があります。

彼はミッドポストでのタッチを常に受ける役割になるでしょうか?

それともペリメーターでの役割を増やす方向に向かうでしょうか?

ストレッチ5が理想

もしバスケットに近い位置でプレーさせたり、ピックアンドロールのスクリーナーとして使うことを考えているなら、コリンズは彼をうまく補完するためにストレッチ5になる必要があるかもしれません。

それはボールへの関与を減らし、3ポイントシュートを増やすことを意味します。

逆にスパーズがウェンバンヤマをエルボーエリアに向けてスクリーンから出させるか、トップキー近くでアイソレーションのプレーさせることを決定するなら、コリンズは伝統的なセンターとしての役割を果たす必要があるでしょう。

お互いにオールラウンドなスキルが武器

良いニュースは、ウェンバンヤマだけがオールラウンドな選手ではないということです。

コリンズは異なるプレースタイルに適応するための基本的なスキルを持っています。

前述のように彼は昨シーズン、堅実なポストプレイヤーであり、ピックアンドロールのダイブマンとしても優れたフィニッシャーでした。

ピックアンドポップにおける彼の効果はSynergy Sportsによればあまり高くなく、アウトサイドシュートも最も信頼性のあるものではありませんでしたが、3P成功率37%を記録しました。

そのパフォーマンスとパス能力から判断すると、必要に応じてペリメーター志向のビッグマンになる可能性があります。

コリンズは内外の両方でタフでありながら、ゲームにはいくつかの弱点もあります。

ケミストリー構築は1年以上かかる

理想的なシナリオは、ウェンバンヤマとコリンズが厳格な役割を持たず、お互いに補完しながらプレーし、必要に応じてペリメーターとペイントの間を行き来することです。

しかしそのようなケミストリーのレベルに達するには、おそらく1年では実現しないでしょう。

コリンズは他のほとんどのセンターよりもウェンバンヤマの強みと弱点に合わせてプレーするのに適していますが、それを即座に実現する方法を見つける必要があります。

成長の過程で苦労することがあるでしょうし、来シーズン、オフェンスとコリンズの役割は異なるものになる可能性が高いでしょう。

ザック・コリンズは、強いシーズンを終えて確立されたスターターとして契約の最終年に入りますが、彼のサンアントニオでの未来はおそらくウェンバンヤマとどれだけ速く適合できるかにかかっています。

コリンズのような多くの困難を乗り越えてきた選手にとって、これは最新の挑戦であり、スパーズのシーズン中に注目すべき最も興味深いストーリーの一つとなるでしょう。

引用元:POUNDING THE ROCK

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

美味しくて手軽にタンパク質が取れます!

【inバー プロテイン ベイクドビター味】

YouTubeもやっています。

SPURS-GYM チャンネル

皆さんのおかげで継続できています!

マッツのほしいものリスト

たまにポチっとお願いします!

NBAランキング
NBAランキング

ブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次