オースティンがシーズンで発見した3つのポイント | 【NBA】SPURS-GYM

オースティンがシーズンで発見した3つのポイント

スポンサーリンク
SASコラム

オースティンスパーズは今年オーランドのバブルシーズンを迎えることができました。

バブル内で行われたのは合計16試合のみでしたが、オースティンのこの短縮されたGリーグシーズンから多くのポイントがありました。

アサインメントプレイヤーが輝いた

サンアントニオスパーズに所属している選手、ルカ・サマニッチとトレ・ジョーンズは、Gリーグシーズンが始まったときにオースティンに割り当てられました。 

サマニッチはまだプレーヤーとして成長しており、ジョーンズは第2ラウンドのピックルーキーとしてシーズンに入っています。

どちらもサンアントニオのベンチに座っていてプレー時間がほとんどないか、まったくありませんでした。

そのため他のレギュラーシーズンと同じように、スパーズは2人の若いプレーヤーにオースティンに送り、ロスター入りして育成しました。

これは、特にサマニッチにとって重要な機会となるでしょう。

サマニッチは、2019年のNBAドラフトで全体で19位でドラフトの選択に疑問を呈していたファンに多くのことを証明する必要がありました。

これは長い間スパーズの育成システムであり、マレー、ホワイト、ロニー、ケルドンの成長を支援するために使用されていました。

サマニッチは、オースティンの6試合で平均21.8ポイントのダブルダブルを達成し、FG成功率44%、11.3リバウンドを記録したため、これらすべての疑問を解消しました。

詳細はこちら

これには+11.6の印象的なネットレーティングと100.2の驚くべきディフェンシブレーティングが含まれていました。

ジョーンズ自身は、オースティンでの7つのゲームで非常に印象的で、平均18.1ポイントでほぼダブルダブルになり、9.7アシストしました。

サマニッチとジョーンズの両方が彼らのディフェンシブ能力を披露しました。

彼の運動能力と機動性はガードとフォワードの両方に追いついており、ジョーンズは素晴らしいディフェンシブ意識を披露しました。

大学時代はACCディフェンシブプレーヤーオブザイヤーを獲得しました。

彼らは4Qのテイクオーバーでさらに印象的で、オフェンスでほとんど止められなくなりました。

特にサマニッチは7フィッター並のサイズでバスケットまでドライブしたり、リバウンドをつかんでボールをバスケットに戻したり、3ポイントの範囲から簡単にシュートしたりできます。

スパーズがコロナウイルス感染のために5人のプレーヤーが離脱したとき、ふたりともサンアントニオに呼び出されました。

サマニッチは多くの出場時間を獲得しました。

それ以来サンアントニオでの5つのゲームで非常に必要な自信を得ました。

潜在的な将来のスパーズプレーヤー

開幕前にサンアントニオに配属された選手のほかに、オースティンにはGリーグシーズンを通して披露した才能のある若い選手たちのグループがいました。

キャメロン・レイノルズ、アンソニー・マティス、ネイト・レンフローは、バブルを通して披露された名前のほんの一部です。

NBAの経験があり、サンアントニオのトレーニングキャンプに参加したレイノルズは、ほぼすべてのゲームで先発したオースティンチームのリーダーでした。

彼はFG成功率41%で平均16.1ポイント4.6リバウンドで、チームにとって最も多くの平均出場時間を獲得しました。

またドラフト外ルーキー、アンソニー・マティスは、オースティンのスターパフォーマーの1人でした。

マティスはスリーポイントレンジから危険であり、FG成功率42%、3P成功率38%、平均13ポイントを記録しました。

もう一人のオースティンのブレイクアウトプレーヤーの1人は、バブルの中でオースティンの最高のディフェンシブプレーヤーの1人であったネイト・レンフローでした。

彼はスコアラーではありませんでしたが、ブロックでGリーグをリードし、平均1.4スティール、1.9ブロック、5.3リバウンドと3.8アシストでした。

トライアウトプレーヤーだったレンフローは、サンフランシスコ大学のスタープレーヤーだった後、深刻なケガ(ACL損傷)を負いました。 

レンフローはフェニックスサンズでトレーニング中にACLを損傷しました。

彼のキャリアは完全に危機に瀕していました。

しかし、オースティンでの彼の時間は彼のキャリアを復活させ、彼はディフェンス力でNBAチームとの機会を得るチャンスがあります。

新HC マット・ニールセン

これはマット・ニールセンHCの最初のコーチの仕事ではありませんでしたが、今シーズンはバスケットボールクラブのヘッドコーチとしての彼の最初の仕事でした。 

オーストラリア人のニールセンは、90年代後半から2000年代初頭にシドニーキングスの選手としてオーストラリアのNBLでプレーし、コーチを務め、2015年から2019年までアシスタントコーチとしてパーチワイルドキャッツを務めました。

ニールセンは2019年にオースティンにやって来て参加しました。

オースティン・スパーズではブレイク・アハーンのベンチで指導していました。

アハーンがメンフィスグリズリーズのアシスタントコーチの仕事を獲得したとき、ニールセンは彼のキャリアの中で初めてヘッドコーチになるための呼びかけを受けました。

ヘッドコーチとしての彼の最初の仕事のために、ニールセンは最初から飛び越えるために多くのハードルを持っていました。

最初はパンデミックで、ニールセンの最初のシーズンはオーランドで1か月強の間に15試合に短縮されました。

次にチームの最高の選手は、サンアントニオにコールアップされたときにシーズンの途中でチームを離れるだろうと付け加えます。

それにもかかわらず、ニールセンはチームを10-5の記録に導き、彼らはプレーオフチームでした。

プレーオフでは初戦敗退でしたが、オースティンは全体を通して回復力と決してやめない態度を示しました。

オースティンのヘッドコーチ、マット・ニールセンはシーズン全体を振り返りながら話しました。

私は選手たちをとても誇りに思っている。彼らがナビゲートしたことやチームの各個人の進化は参加して非常に感じた。楽しくて素晴らしい経験だった。

タフな状況の中最後まで戦い抜いたスタッフ、選手の皆さんお疲れ様でした。

今回の活躍でNBA での契約をもらえるといいですね。

個人的にはレンフローに期待しています。

サンアントニオスパーズでプレーする姿がみたいですね。

引用元:News4sanantonio


 

カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました