デローザン「マレーはスパーズのボーカルリーダーになりつつある」 | 【NBA】SPURS-GYM

デローザン「マレーはスパーズのボーカルリーダーになりつつある」

スポンサーリンク
SASコラム

サンアントニオスパーズのガード デシャンテマレーはスタッツ的に過去最高の NBA シーズンを送っています。

マレーは今シーズン59試合に出場して平均15.6ポイント 5.2アシスト7.1リバウンド31.8分の出場を記録しています。

マレーは2016年のNBAドラフトで29位で選ばれた時はチームが望んでいた選手でした。

統計は別として彼の成長は今シーズン新しい別の領域が開花しています。

それはボーカルリーダーとしての成長です。

ボーカルリーダーとしての成長をデローザンが語っています。

DJ が試合中に発する言葉ははそれが言う必要がある時に示している。

そしてこれはこの NBA にいる時間とともに必要な場面がやってくる。

彼は声を上げ必要な時にステップアップしている。

そしていつ誰に話すべきか、誰を横に引っ張るべきかを理解している。

そしリーダーとしての自覚もあり必要なボリュームで話している。

今はさらに知識を学んでいるところだ。

試合をプレイすればするほど経験を積めば積むほど無意識のうちに知識が高まる。

それを DJ は分かっている。

後は数字でも表している。自分のチームのポイントガードが試合に出て17回のリバウンドを獲得しているコートでみた。

彼のプレーを見ると本当に素晴らしい 。それはみんなが語っているよ。

フランチャイズが新時代に移行するにつれて、現在マレーはチームのヤングコアの中で最年長のプレイヤーです。

マレーはNBA5シーズン目ですが、ケルドンジョンソン、ロニーウォーカー、ヴァセル、トレジョーンズ、ルカサマニッチ、デリックホワイトなど、スパーズの若い選手たちの兄貴とみなされています。

マレーは若かりし頃にスパーズの偉大な ガード、トニーパーカーから指導を受けました。

マレーはトニーをバックアップして最終的に先発のポイントガードの役割を引き継ぐことになりました。

そこでフロアの司令塔になる方法をトニーから学びました。

チームの司令塔としての経験と組み合わされたパリの指導はバレーが今シーズンリーダーシップスキルを磨くのを助けています。

数字で表すリーダーシップ

マレーのコートでのリーダーシップはポイント、リバウンドそしてチームメイトとコミュニケーションをとる意欲を超えています。

3ステップスバスケットによって提供された統計によると、コート上でのハッスルに関してはチーム最高の一人です。

特にスティール、リバウンドに関してはマレーがコート上に入ると一番活性します。

これらのプレーはチームメイトに刺激を与えマレーのリーダーシップが成長しているもう一つの側面です。

【圧倒的コスパウェア!ワークマン】



マレーは膝の大怪我を克服しました。

昨シーズンはプレイ時間の制限を受けながらも、今シーズンは大きくステップアップしています。

もし現時点でシーズンが終了するとスタッツとしてはガードの中でリバウンドで5位、 スティールで4位を記録します。

チームの新しいリーダーになることの両方で成長を見せ続けています。


 

カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました