GAME 63 シクサーズ | 【NBA】SPURS-GYM

GAME 63 シクサーズ

スポンサーリンク
SPURS

今日はホームでシクサーズとの対戦です。

久しぶりのホーム戦です。

試合結果

大健闘!

試合内容

今日はデローザン、 マレー、ヤコブが欠場です。

控えメンバーが中心のロスターとなりました。

サイズと個人の能力で勝るシクサーズに支配され 序盤から苦戦を強いられます。

ルディを中心にオフェンスを組み立てて 10点前後のビハインドをキープしつつ試合が進みます。

2Q中盤以降にジェンの3P、ロニーの連続得点で3点差まで追い上げますが、ダニーとセスの3Pが決まり前半を9点ビハインドで終了します。

 

 


3Qは序盤から16点差まで突き放されますが、ルディ、ケルドン、ジェンが繋いで10点差で終了します。

4Qでは若手選手たちが躍動します。

シクサーズのシュートが落ちると、テンポを上げてリムアタックして徐々に点差を縮めます。

クラッチタイムにはルディのスリーで同点に追いつきます。

その後もケルドンのアタックもあり一進一退の攻防が続きますが、勝負はつかず2試合連続の延長戦に突入します。

延長でも一歩も引かず接戦となりますが、シクサーズのラストポゼッションでエンビードのショットが落ちるとシモンズにタップショットを決められて、敗れました。

敗れはしたが大健闘

イースト1位でフルメンバーのシクサーズに対してスパーズは素晴らしい努力で対抗しました。

圧倒的に不利な状況でしたが、プレーしたすべての選手たちは努力とエネルギーで対抗しました。

セルティックスの敗北とは対照的に、後半に強くなり最後まで追い詰めました。

立派な戦いでした。

ポップも非常に満足しており、17点ビハインドで数人の選手がいないにもかかわらず、素晴らしい戦いだった。私たちがどれほど懸命にプレーしているかに本当に興奮した、と話しています。

それぞれの役割を果たした

主力3人が不在の中で各選手たちが持ち味を発揮しました。

ロニーが23ポイントでチームをリードしました。

普段は遠慮してしまうことが多いロニーですが、この試合は積極的にボールを運び、得点を狙いました。

ルディは18ポイントと10リバウンドでダブルダブルを記録しました。

ラストポゼッションでシモンズに決勝点を与えてしまいましたが、それ以外はチームを率いて鼓舞し続けました。

ゴーギー・ジェンは17ポイント、4リバウンド、3アシスト、2スティールを記録しました。

移籍後ベストのパフォーマンスでした。

スパーズのシステムについて徐々にフィットしてきているようです。

選手たちの考え、長所短所をさらに理解できればもっと良くなると自信をつけています。

ケルドンジョンソンは、3スティールとともに19ポイントを獲得しました。

攻守で存在感を発揮しました。

クラッチタイムはルディとともにチームをけん引しました。

ここ三試合負けは続いていますがあと一歩、という内容が多いです。

ロニーは試合後のインタビューでこれで満足してはいけない。ロ学び続けてチームとして成長しなければならないと話しています。

あと一歩です。

少しずつ前に進みましょう。

次は連戦でジャズとの対戦です。

残り9試合です。

目指せ8位!!!!

【4月20日発売!デリック・ローズ自伝】


カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました