ドミニク・バーロウがもたらす学びと影響力 ~バックアップC争いが加速中~

  • URLをコピーしました!

サンアントニオ・スパーズは今シーズンを利用して何が機能するか、そして手元に何があるかを見極めています。

ビクター・ウェンバンヤマは急がれてはならない選手であり、彼のようなタイプの選手はNBAで以前に見られたことがありません。

グレッグ・ポポビッチと仲間たちは、具体的に何を持っているのかをただ確認しようとしています。

203㎝のパワーフォワード、ジェレミー・ソーハンがシーズン序盤はポイントガードを務めていました。

彼は以前にそうしたことはなく、昨年フルタイムの先発としてブレイクシーズンを迎えたトレ・ジョーンズを差し置いて、なぜオフェンスを担当することになったのかは特に疑問です。

しかし、これは実験の年です。結果はどうであれ、スパーズは将来のすべてのオプションを見たいと考えています。

これは教育による進歩です。

バックアップC争いが起きている

スパーズは2021年にケガが多く苦しんでいたザック・コリンズに賭けることを決め、正当なNBAレベルのセンターとして台頭しました。

そのリスクが報われたほどで、スパーズは今シーズンオフに彼と契約延長しました。

コリンズはまずまずの数字を記録していますが、スパーズは勝っていません。

コリンズはリムプロテクターであり、オフェンスではフロアを広げることが期待されていました。

しかし平均1ブロック以下で、ディフェンスではペイントエリアで11番目に多くの得点を許しています。

オフェンスでは、彼はキャリアワーストの30%以下の数値となっています。

一方で、コリンズは機動的でボールを上手に動かし、周りの選手にチャンスを作り出しています。

またアウトサイドショットの意識が高く失敗したドライブからの窮地を救っており、かなり頻繁に3ポイントを獲得しています。

コリンズは適切なセンターであることを示しており、健康を維持することに優れています。

しかし進化を促進するには新しい才能が必要です。

Gリーグで躍動中のビッグマンがいる

サンアントニオ・スパーズはオースティンから2年目のビッグマン、ドミニック・バーロウを呼び戻しました。

バーロウは206㎝のアンダーサイズセンターですが、ウェンバンヤマとのラインナップでは他の誰もが低く見えるでしょう。

今シーズンのメインチームでの7試合では、非常に限られた時間で。Gリーグではまったく別の選手です。

バーロウはポイントではリーグ2位の26.3得点で、それに加えて7リバウンドと1ブロックを記録しています。

ペイントエリアではFG成功率78%、3ポイントシュートでは36%を成功させていますが、コリンズほど熱心にはシュートしません。

あわせて読みたい
バーロウがGリーグで無双中 ~バックアップCの座を狙う~ サンアントニオ・スパーズは組織内で多くの興味深い若手選手を抱えています。 その中にはGリーグのオースティン・スパーズにも魅力的な選手がおり、その中で2年目のドラ...

バーロウはかなり速くフロアを駆け回り、リムに向かって力強く進むことができ、ロスターの中で最もアスレティックな選手をもたらします。

彼が必要とする唯一のものは、シュートに自信を持つことです。

それができれば、今後もスパーズのローテーションプレイヤーとして自分を確立する理由はありません。

コリンズがケガで離脱している現在、バーロウは印象的な活躍をしています。

特に機動力を生かしたディフェンスと献身的なハードワークは、ポップも高く評価しています.

学びのスピリットで、スパーズはバーロウを試練にかけるべきです。

この時点で失うものはあまりありませんが、利益は明らかです。

引用元:SI.com

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

人工甘味料不使用でおいしい!

【MAD PROTEIN(マッドプロテイン)リッチチョコレート味!】

YouTubeもやっています。

SPURS-GYM チャンネル

皆さんのおかげで継続できています!

マッツのほしいものリスト

たまにポチっとお願いします!

NBAランキング
NBAランキング

ブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次