本物 or 偶然?ソーハンは驚異的な3P成功率を維持できるか?

  • URLをコピーしました!

サンアントニオスパーズの2年目フォワード、ジェレミー・ソーハンはNBAキャリアで初めてスターティングポイントガードとして起用されています。

オフェンスの司令塔としてのパフォーマンスに苦労しているため、一部のスパーズファンから批判を受けています。

サンアントニオは12連敗し、ウェスタン・カンファレンスの順位表で最下位に転落しましたが、シーズンが進むにつれて良い日が来ることにする理由はまだ複数あります。

フロアジェネラルとしての任期が始まったばかりで波乱の結果となりましたが、ソーハンは新たに見出した3Pの才能を披露し、これがいずれサンアントニオの不振なオフェンスを飛躍させる可能性があります。

2年目のソーハンは13試合時点で驚異的な3P成功率41.7%を記録しています。

シュートメカニクスも1年前よりもスムーズに見えます。

ノンシューターとしてNBA入りしたソーハンは、ストロークを微調整しており、昨シーズンのフリースロー成功率向上のために片手フリースローに挑む熱意を考えると、これは驚くべきことではありません。

相手チームはペリメーターからのシュートを打たせるようにポジショニングしており、スペースがあれば積極的に打つようになりました。

目次

3P成功率はキープできるか?

アウトサイドシュートが本物の輝きなのか、それとも一時の偶然なのかをデータを見てみましょう。

NBAのトラッキングデータによれば、ソーハンの28回の3ポイントシュートのうち、22回が最低でも4フィート離れたディフェンダーが立っている状況で成功していることがわかります。

試合の映像を見ると、数人のプレーヤーが完全に手を下ろしていることに気付くでしょう。

彼のリリースはあまりにも機械的で平坦であり、キャッチ&シュート以外はほとんど撃っていません。

それでも20歳のソーハンは着実に進歩しており、各ステップがスパーズにとって一貫した3ポイントの脅威に向かっていることを示しています。

引用元: Air Alamo

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

コストと味のベストバランス!REYSのホエイプロテイン

【カフェオレ味がオススメ!】

YouTubeもやっています。

SPURS-GYM チャンネル

皆さんのおかげで継続できています!

マッツのほしいものリスト

たまにポチっとお願いします!

NBAランキング
NBAランキング

ブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次