ウェンバンヤマはどのチームにフィットする?〜スパーズの場合〜 | 【NBA】SPURS-GYM

ウェンバンヤマはどのチームにフィットする?〜スパーズの場合〜

スポンサーリンク
SASコラム

ビクター・ウェンバンヤマは誰も見たことのないサイズとスキルの組み合わせを持つ、 ミステリーな魅力を持つ選手です。

将来 NBAのチームでフランチャイズプレイヤーになる実力を持っていると評価されています。

そのため来年彼をドラフトで獲得するために 動いているチームもあります。

リーグ順位の最下位付近のチームは、ここ数年で最高のドラフト候補を獲得する可能性が最も高くなります。

BleacherReportでは、現時点でリーグ下位5チームにウェンバンヤマが指名された場合のメリットを紹介しました。

スパーズもその一員です。

スパーズに指名された場合どのようなメリットがあるでしょうか?

スパーズ:26年前のデジャヴが復活へ

サンアントニオ・スパーズに指名される可能性があるウェンバンヤマの最も満足できることは、ポップとのストーリー性です。

スパーズは 1997 年に総合 1 位でティム・ダンカンを選択しました。

26シーズン後にウェンバンヤマを獲得するのと同じくらい簡単な判断でした。

ポポビッチはドラフトの日までに74歳になり、彼のコーチとしての将来はどんどん短くなっています。

しかし、彼はダンカンの偉大さにどれほどの恩義があるかについて頻繁に語ってきました。

ウェンバンヤマは、ポポビッチが引退する前に、非常に楽しいデジャヴを実際に試してみることになりそうです。

それを意味するものはスパーズの王朝時代の復活です。

その他の要因も大きく、かなり説得力があります。

サンアントニオは、 今シーズンディフェンス効率でリーグ最下位クラスであり、その中でもペイントエリアからの被FG成功率はリーグワーストです。

先発センターのヤコブ・パートルは、NBAで優れたリムプロテクターの 1 人と見なされていますが、現在スパーズはヤコブをペイントエリアの外でディフェンスする場面に多く遭遇します。

ペリメーターディフェンスは平均レベルです。

しかしヤコブ以外に大きな問題を抱えており、ウイングとガードのディフェンダーに難があり、ヤコブがカバーするには限界があります。

ウェンバンヤマはそのタスクにはるかに適しています。

その上ヤコブは27歳で、この夏に制限なしのFAになる予定です。

ヤコブは再建の中核とは考え辛く、基本的にサンアントニオでの一時しのぎとなるでしょう。

スパーズが今シーズンのトレード期限までに移籍しなければ、 今年の夏に他のチームと契約する可能性があるでしょう。

引用記事:BleacherReport

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

テレビでも話題!完全栄養の主食「ベースフード」




カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました