ソーハンへの信頼: ケルドンが明かすスパーズの団結力

  • URLをコピーしました!

サンアントニオ・スパーズは12連敗の失墜で苦しむ姿を見せているにもかかわらず、ジェレミー・ソーハンをポイントガードとして起用し続けることで批判の対象になっています。

この早い段階の実験を巡る議論に、誰もが自分の意見を述べています。

そして不満なファンからのクレームにもかかわらず、グレッグ・ポポビッチはコースに忠実でい続けています。

ソーハンはルーキーシーズン中、ロスターの中でも間違いのないお気に入り選手の一人でしたが、熱狂的なファンの一部は批評家に変わりました。

スパーズファンの突然の調子の変化は、特に順位の急落による精神的ストレスの増加を考えると、落胆するに違いありません

先週の土曜日のシュートアラウンドのメディア対応中、ケルドン・ジョンソンはサンアントニオの大手メディアであるスパーズ・ネイションに対して、チーム全体がソーハンを彼らのフロアジェネラルとして信頼していると確信させました。

また先発ラインナップがお互いにアイディアをぶつけ合っており、ソーハンがPGとして飛び込んで、新しいポジションの全体像を学ぶという挑戦を喜んでいると詳細に語りました。

ケルドンのその感情は、苦しむチームの中で楽しい連帯感を示していますが、ソーハンがポイントカードとして課題がある事は否定できません。

ソーハンがコートにいる時、相手は100ポゼッションあたり+20.5ポイントです。

これは今シーズンNBAで少なくとも15分プレーした282人の選手の中で5番目に悪い数字です。

サンアントニオはまだ再建の初期段階にあり、異例のラインナップや革新的なコンセプトを試すのに最適な時期です。

この研究開発中にコーチ陣が問題にぶつかる可能性はもちろんありますが、若手コアが競争の準備ができたときにコートで活かされる多才なスキルを身につけることができれば、試行錯誤からの頭痛も十分に報われるかもしれません。

引用元: Air Alamo

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

人工甘味料不使用でおいしい!

【MAD PROTEIN(マッドプロテイン)リッチチョコレート味!】

YouTubeもやっています。

SPURS-GYM チャンネル

皆さんのおかげで継続できています!

マッツのほしいものリスト

たまにポチっとお願いします!

NBAランキング
NBAランキング

ブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次