サマーリーグが終了。今後の予定は? | 【NBA】SPURS-GYM

サマーリーグが終了。今後の予定は?

スポンサーリンク
SASコラム

日本時間8月18日にサンアントニオスパーズのラスベガスサマーリーグは終了しました。

サマーリーグ終了後は9月29日にトレーニングキャンプが始まるまで、約6週間ほど空白期間があります。

この空白期間でもスパーズにはキーとなるイベントがありますので紹介していきます。

※ 日付は日本時間で表しています

ランデールとフォーブスの公式契約

サンアントニオスパーズが正式に契約していない最後の二人のフリーエージェントがいます。

それはランデールとフォーブスです。

マクダーモットとコリンズ、ヤング、アミヌは正式にチームに加入したため、ランデールとフォーブスの契約が次の契約の動きとなるでしょう。

この二人が契約するとチームには17名の選手が登録されます。

またハッチソンのトレードも成立しています。

ケイタ・ベイツ・ディオプの契約は?

KBDは現在制限付きFAの状況です。

これまでのところスパーズはKBDがクオリファイリングオファーを受け入れた場合、新しく2way契約で契約することを望んでいるようです。

これに関しては現在進行形の状態なので詳細は分かりません。

【 ゴールデンセール中!買うなら今!マイプロテイン 】



ヴィースカンプはどうなる?

ドラフト2巡目指名でスパーズに加入したヴィースカンプはサマーリーグで主力としてプレーしました。

正式契約のロスターは既に埋まっているためおそらく2way契約が濃厚です。

一巡目指名のプリモはルーキー契約を結んでいますが、ヴィースカンプは結んでいないため契約は保証されていません。

ユーバンクスの契約が保証されるか?

スパーズは8月20日までにユーバンクスを次のシーズンに向けてロスターに残すかどうか判断する必要があります。

ユーバンクスの契約は来シーズン部分保証となっています。

9月29日 トレーニングキャンプ開始

スパーズは最大20名のプレイヤーをトレーニングキャンプとプレシーズンに連れて行くことができます。

この時期に新たに契約する選手はほとんどエグジビット10契約、 いわゆるトレーニングキャンプ契約を結ぶことがあるでしょう。

毎シーズン開幕前に解雇されてオースティンスパーズと契約することが多いです。

ロニー・ウォーカーⅣの契約延長期限が迫る

10月19日はスパーズがロニーと契約延長にサインできる最終日です。

ロニーが延長契約にサインしなかった場合、来年の夏に制限付きフリーエージェントとなります

レギュラーシーズンが始まる前日の10月19日、スパーズはロスターを15人のプレイヤーと2人の2way契約プレイヤーに減らす必要があります。

現在スパーズには17人のプレイヤーがロスターに入るため(2way契約除く) レギュラーシーズンが始まる2ヶ月前に、2人のプレイヤーを解雇、またはトレードする必要があります。

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

10月13日発売!NBA2022-23シーズン・コンプリートガイド



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

  1. 吉味淳良 より:

    ウォーカー4世は是非再契約して長くSASで活躍して欲しいな。若手の取捨選択が必要な時期に来ましたね。マレー、ジョンソン、ウォーカー4世、ヴァッセル、辺りが再契約必須選手で、活躍・貢献度合いで再契約がジョーンズ、サマニッチって所でしょうか。
    何かT・ジョーンズがTP9の再来か?何て記事がありましたが、もしサマーリーグの活躍が本物ならば再契約必須選手に格上げですな。
    優勝狙うチームにはまだ程遠いです。やはりゴートゥガイとなるスーパースターが必要です。
    淋しいがタンクして一位指名権獲得した方が良いかもしれませんね。

    • マッツ より:

      若手は全員残すのはほぼ不可能なので、若手は来シーズンではアピールが必要ですね。
      特にロニー、サマニッチは今シーズンの活躍次第では移籍もあり得ると思います。
      トレ君はいいですね!
      個人的にはコージョ2世だと思っています。
      来シーズンはヤングコアの中からスターに駆け上がる選手が見たいですね。

タイトルとURLをコピーしました