コリンズの覚悟とベンチ起用の狙い ~共感と協力~

  • URLをコピーしました!

今シーズン、サンアントニオ・スパーズはコート上での実験の一環となっています。

ジェレミー・ソーハンがポイントガードを務め、ビクター・ウェンバンヤマをセンターで起用するまで自由に動き回らせるなど、様々な試みが行われています。

また、先発メンバーの変更も実験の一環として行われています。

シーズン開始時には、ザック・コリンズとケルドン・ジョンソンが先発メンバーの一部でしたが、最近の試合ではベンチから出場することが多くなっています。

この変更に対してコリンズは、Ballys Sports San Antonioに語っています。

選択肢はないよ。俺たちは勝ちたいんだ。

今年はちょっと苦戦してるから、コーチがどうすべきか、どんな調整が必要かって考えてくれるなら、それに従って、信じないといけないわけだよ。

俺たちは、グレッグ・ポポビッチがバスケットボールコートに立った中で最も偉大なコーチの一人であることを知ってる。彼は非常に賢い人物だから、彼の信念や勘を信じてるんだ。

エゴとかないね。

結局のところ、このロスターのメンバーや、ロッカールームにいるやつらは、誰もが勝ちたいって思ってる。

だから、どういう形になるかってのは、俺たちが信じるものさ。

ザック・コリンズ

ベンチから出場することで、コリンズとケルドンはセカンドユニットを安定させるためにコート上に別のプレーヤーを提供しています。

これは、チームの利益のためにベンチから出場するという、マヌ・ジノビリの犠牲に似ています。

スパーズの勝利にはつながっていませんが、コリンズにとっては問題ではありません。彼は現在のロスターに対するグレッグ・ポポビッチHCのビジョンを理解しています。

コリンズが先発メンバーであろうがベンチから出場しようが、コリンズはそれが自分自身の選手としての反映や降格ではないと理解しています。

むしろ、この変更は単にシーズンが進む中でチームを勝利のポジションに置くためのものです。

結局、勝利こそがすべてを解決し、ベンチから出場する必要があるならば、それを受け入れるだけのことです。

コリンズは今シーズン30試合中22試合で先発し、12月21日のシカゴ戦でベンチに移りました。

その試合では27分の出場で14ポイントと9リバウンドを記録しました。

ケガから復帰したコリンズ。

チームのために献身的な活躍を期待しています。

引用元:KENS5

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

人工甘味料不使用でおいしい!

【MAD PROTEIN(マッドプロテイン)リッチチョコレート味!】

YouTubeもやっています。

SPURS-GYM チャンネル

皆さんのおかげで継続できています!

マッツのほしいものリスト

たまにポチっとお願いします!

NBAランキング
NBAランキング

ブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次