数字が証明するスパーズのオフェンス戦略: ウェンバンヤマの重要性

  • URLをコピーしました!

スパーズのファンは、再び最高のレベルでタイトル競争する自分たちのチームを見たいという強い願望を抱いています。

これは理解できる欲望です。

今シーズン序盤の一貫性のなさに、一部のファンは失望しています。

大きな不満の一つは、チームがしばしばビクター・ウェンバンヤマを通したオフェンスを展開できていないことです。

ウェンバンヤマという鍵

ただそれが誤った認識だとわかる明確な数字があります。

ウェンバンヤマがロスターで最も高いUsage Rate(ボール占有率)29.2を持っています。

ウェンビーはまたその統計でリーグの上位に位置しています。

若いスパーズの学び舎

若いスパーズの選手たちはまだウェンビーとのプレーの仕方を学んでいます。

Usage%は選手がフィールドゴールを試み、フリースローを獲得し、アシストを記録し、ボールを失うことで終わるポゼッションの割合を推定して計算します。

要するにどれだけチームオフェンスのエンジンであるかを教えてくれます。

ウェンビーはこのカテゴリーでリーグ20位であり、レブロン・ジェームズ、ラメロ・ボール、ジェイソン・テイタムなどの名前を上回っています。

19歳のウェンビーにもっとタッチがあっても、スパーズの問題は解決しないでしょうが、ファンが苦難を乗り越えるのに忍耐が必要です。

ただタイミングはすべてです。

仲間が時折ワイドオープンのウェンビーを見逃すことがあっても、まだ多くの機会を得ています。

ウェンビーは1試合あたりのチーム最高16本のフィールドゴールアテンプト数もそれを示しています。

ウェンビーは1試合平均2.5アシスト、3.9のターンオーバーを加味すれば、ファンはウェンビーに対するパスやプレーコールの不足が最も切実な問題ではないことが分かるでしょう。

それよりもボールセキュリティ、シュートメイキング、そしてディフェンスの方が心配すべきです

未来への期待

スパーズは重要な局面で適度にボールを持つように意識する必要があります。

その点を考慮するとウェンビーを巻き込むことが問題ではありません。

ケミストリーは一夜で築けるものではありません。

巨大な才能であるウェンビーに適応するだけでなく、サンアントニオは怪我や選手が新しい役割を学ぶことにも対処しなければなりません。

リーグ最年少のチームがそれを理解するには14試合以上かかるでしょうが、進歩していることを安心してください。

引用元: Air Alamo

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

コストと味のベストバランス!REYSのホエイプロテイン

【カフェオレ味がオススメ!】

YouTubeもやっています。

SPURS-GYM チャンネル

皆さんのおかげで継続できています!

マッツのほしいものリスト

たまにポチっとお願いします!

NBAランキング
NBAランキング

ブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次