オーリー「スパーズは退屈なチームだったね」 | 【NBA】SPURS-GYM

オーリー「スパーズは退屈なチームだったね」

スポンサーリンク
SASコラム

ロバート・オーリーは自分のポッドキャストでサンアントニオ・スパーズを冷やかすのが好きですが、時には興味深いストーリーがそれを価値あるものにしてくれます。

Big Shot Bobの最終回ではティム・ダンカンとマヌ・ジノビリと一緒にニューヨークで過ごした夜の話がまさにそれでした。

オーリーはNBAでの16年間のうち最後の5シーズンをサンアントニオで過ごし、2005年と2007年に優勝して合計7つのチャンピオンリングを獲得しました。

グレッグ・ポポビッチ監督やチームメイトを称賛する一方で、オーリーはチームがいかに退屈でドラマがなかったかをよく話題にします。

サンアントニオでは、何のドラマもなかった。最も退屈なチームだった。

一番エキサイティングだったのは、トニー(パーカー)とエヴァ(ロンゴリア)が付き合い始めたときだね。

Big Shot Bobより

王者の座に君臨していたスパーズにおいて、パーカーとロンゴリアのスターカップルが交際した時ほどメディアを騒がせたものはない、と言っても過言ではありません。

結局のところスパーズは、ストイックなティム・ダンカンが他のチームの派手で人気があるスーパースターを圧倒し始めた途端に、退屈なチームというレッテルを貼られてしまったのです。

ニューヨークでの出来事

そんな退屈なチームだったサンアントニオにも退屈ではない日々もありました。

それは2005年のレギュラーシーズンでニューヨークへの遠征のときに起きました。

オーリーは笑いながらその時のエピソードについて話しました。

遠征先のホテルでチームメイトの誰かがいきなり私に電話をかけてきて、夜の街にいきたいと言ってきた。

誰なんだ?と思ったよ。

誰か尋ねたら「マヌ・ジノビリだよ」と電話の主は言った。

ウソだろ?これは冗談だよな?と思ったよ。

あいつらは普段何もしないんだぜ?

Big Shot Bobより

驚いたことに、ジノビリ、ダンカン、ブレント・バリー、ファブリシオ・オベルトなど、複数のスパーズ選手が夜遊びをしたがっていました。

退屈な連中ばかりだったよ(笑)。

皆外に出たがっていたね。

僕は彼らをクラブに連れて行ったよ。

そこでティムは酔っ払った。マヌは酔っ払った。マヌーは次の日に二日酔いで練習を休んだ。その時はマヌーは病気だと言っていたよ(笑)。

そのような気分になったのは俺たちが連勝していたからだろうね。

けどそれはスパーズにとってはあまり意味のないことだよ。

彼らは常に連勝していたからね。

Big Shot Bobより

その夜はスパーズにとって3度目のタイトルイヤーである2005年でした。

普段はストイックなビッグ3も、この時ばかりはハメを外したかったのかもしれません。

引用元:Big Shot Bob

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

100万部突破!

この本のおかげで出費が大きく減りました。



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました