ホワイトのトレードは成功だった?〜 将来へ舵を切る選択 〜 | 【NBA】SPURS-GYM

ホワイトのトレードは成功だった?〜 将来へ舵を切る選択 〜

スポンサーリンク
SASコラム

元サンアントニオスパーズのガード、デリック・ホワイトは、シーズン中にボストン・セルティックスにトレードされましたが、 チームに大きく貢献してNBAファイナルまで
駒を進めました。

ホワイトはスパーズでの5年間でファンのお気に入りだったので、彼がトレードデッドラインでトレードされたとき、多くの人にとって驚きでした。

しかしNBAファイナルでの活躍はともかく、ファンが彼をトレードに出したことを批判するのは簡単です。

結局のところ、スパーズはホワイトをトレードさせる正当な理由がありました。

スパーズでは役割が大きすぎたホワイト

ホワイトはスパーズで不調が続いていました。

チームがデマー・デローザンをトレードした後、オフェンスをけん引すると期待されていました。

しかし、彼はその役割に失敗して不安定な3rdオプションであることが証明されてしまいました。

トレード時点ではNBA でホワイトの役割は有能なスターターで、より良いシックスマンであることは明らかでした。

だからといって、彼が悪い選手というわけではありません。

実際ディフェンスとプレイメイキングにおいては価値がありましたが、スパーズは毎年17.5Mを支払うことを正当化することができませんでした。

またデヴィン・ヴァセルの成長はトレードを後押ししました。

ヴァセルはルーキー契約満了あと2年間もあり、ホワイトよりも優れていることを証明することができます。

世代交代を進めるための選択でした。

それに基づいて、それはボストンセルティックスに彼をトレードすることに同意するためのスパーズを責めることは困難です.

セルティックスはホワイトをロールプレーヤーとして認識していましたし、スパーズより役割が減っても、優勝に近い状況であるが証明されています。

それでも、セルティックスは、ジョシュ・リチャードソン、2022年のドラフト1巡目指名権(25thピック)、および2028年1巡目指名権のスワップ権を提供することによって、相当な代償を払いました。

ホワイトのための1巡目ピックは理にかなっていますが、2028年のスワップ権は動向がきになるところです。

そして、リチャードソンはサラリー調整としてアセットになりました。

win-winのトレード?

リチャードソンがボストンでどれだけ活躍したかを考えると、疑問の残る決断でした。

リチャードソンはボストン時代に3P成功率39.7%を記録しました。


チーム最高のシューターで出場時間24.9分で平均9.7ポイントを記録しました。

ホワイトはより良いディフェンダーとパサーですが、リチャードソンのシューティングは、スパーズとより良いフィットとなりました。

彼はスパーズがトレード後に3P成功率44.4%を記録しました。

リチャードソンの来季のサラリーは1210 万ドルで契約最終年となります。

ホワイトと比較するとサラリーは安い上に契約期間は短いためより柔軟なロスターになりました。

その上1巡目指名権とスワップ権を獲得できたことは後々大きな価値を得ることになるでしょう。

ホワイトの3P改善が命運を握る

ホワイトは3ポイントアテンプト数を年々増やしていますが、 まだ苦戦しています。

ホワイトはボストンにトレードされた後、レギュラーシーズンで3P成功率30.6%、ポストシーズンで3P成功率31.3%と改善できませんでした。

これが劇的に改善されなければ、彼の価値は下がる一方で、スパーズが彼を移籍させるという正しい決断をしたことがさらに証明されることになるでしょう。

結局のところ、トレードされる前に、マレーがスターとして浮上する一方で、ホワイトはより大きな役割で苦労していました。

そのためホワイトはスパーズの将来から外すことを選択して、セルティックスは彼を獲得するために過大な費用を支払いました。

NBAファイナルでのホワイトのプレーはともかく、ファンはチームのトレードの決断を後悔してはいけません。

スパーズが彼をトレードしたのは正しい判断だったといえるでしょう。

引用元:Air Alamo

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

10月13日発売!NBA2022-23シーズン・コンプリートガイド



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました