ウェンバンヤマ主導のスパーズでケルドンの最適なポジションは?

  • URLをコピーしました!

ケルドン・ジョンソンは、サンアントニオ・スパーズの中で最も優れた選手として多くの時間を過ごしてきました。

2019年にケンタッキー大学からチームに加入して以来、ケルドンが1巡目指名選手であることを考慮すれば、サンアントニオでの役割を知っていました。

しかしそれ以上に期待されていた以上に、彼は主要なオフェンスの源として活躍しました。

それは彼がシステムにより快適になるにつれて、ますます増加し昨シーズンに頂点に達しました。

彼はスパーズの1stオプションだとみなされていました。

しかし現在は背の高く、より「エキサイティング」な選手がいるため、新しい役割を見つけるようになり、それは彼にとってまったく馴染みのないものです。

保証されているのは出場時間、ファンからの人気、そしてタッチを得ているということですが、その違いはそれをどう活かすかにかかっています。

これまで、他のプレーヤーのために役割を譲る必要はありませんでしたが、今ではボールを誰が受けるかに関しては、おそらく3番目に位置していると言えます。

これは彼を非難するものではありません。

ケルドンは昨シーズンにスパーズを率い、1stオプションとしての能力を証明しましたが、もう1人のトップ選手を追加することはチーム全体に確実に助けになるでしょう。

これにより、彼にかかるプレッシャーが和らぎ、彼がより少ないプレッシャーでプレーできるようになります。

そしてNBAインサイダーのザック・ロウによれば、これはケルドンが長い間必要としていた役割に彼を置くことにもなります。

ケルドンジョンソンを1st、2ndのオプションとするチームは、将来的に厳しくなる。

いずれロールプレイヤーに移行することになるだろう。

ウェンバンヤマはそれを今すぐに加速させた。

ある意味では、ジョンソンはそれを最大限に活用している。

ジョンソンは将来も安定したプレーヤーだ。彼の契約には4年間で7400万ドル残っている。

サンアントニオ全体がウェンバンヤマを中心に再構築される中、ジョンソンが必要な夜も多くあるでしょう。」

ザック・ロウ

実際、ジョンソンは適応しています。

今シーズン健康な時にはスラッシャーやリバウンドで働いています。

最近はシックスマンとしてセカンドユニットを率いてチームは調子を上げつつあります。

彼は依然としてリーダーであり続ける方法でチームメイトを巻き込んでいますが、同時にやや低い役割に置かれています。

最終的には、それは良いことになるでしょう。

印象的な活躍を続け、スコアリングとパスのバランスの取れた役割で続けることができれば、彼はウェンバンヤマと共に彼の場所を切り開くことができるでしょう。

ただし、それを証明し続ける必要があります。

引用元:SI.com

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

美味しくて手軽にタンパク質が取れます!

【inバー プロテイン ベイクドビター味】

YouTubeもやっています。

SPURS-GYM チャンネル

皆さんのおかげで継続できています!

マッツのほしいものリスト

たまにポチっとお願いします!

NBAランキング
NBAランキング

ブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次