スポンサーリンク

運命の日〜明日はドラフトロッタリー抽選 〜

スポンサーリンク
SASコラム

NBAドラフトの指名順位が決まる、NBAドラフトロッタリーは明日に迫っています。

先日NBAはすべてのロッタリーチームのドラフトオッズをリリースしました。

スポンサーリンク

例年とは少し異なるシステム

今年は コロナウイルスによるシーズン中断のため少し仕組みが異なります。

このロッタリーの仕組みについて簡単に説明します。

バブルを逃した8つのチーム— ウォリアーズ、キャバリアーズ、ティンバーウルブズ、ホークス、ピストンズ、ニックス、ブルズ、ホーネッツはシーズンが最初に中止された3月12日の記録とは逆の順序でシードされます。

オーランドバブルに参加しましたが、プレーオフを逃したチームの指名順位はバブルの後ではなく、3月12日に記録の逆順でシードされます。

これが8つのレギュラーシーズンのバブルゲームの後の最終順位でより良い記録を残しているにもかかわらず、サンズがロッタリーのシードでスパーズより上位指名である理由を説明しています。

同じようにキングスとペリカンズはバブルでより悪い記録で終えたにもかかわらず、スパーズよりも下位指名であるわけです。

1番獲得できる確率が高いのは11位指名

したがってスパーズは11位指名のシードの権利を持ちます。

その結果ロッタリーに当たって1位指名権を獲得する可能性が2%ありました。

続いて2位指名、3位指名、4位指名の指名権がそれぞれ2.2%、2.4%、2.8%です。

全体として、それはスパーズにトップ4指名権を獲得する確率が10%未満であることを示しています。

十分可能性はあります。

最も可能性の高い指名権は11位指名であり、77.6%の確率です。

続いて12位指名で12.6%の確率です。

1997年以来で最高順位の指名権

スパーズ は1998年から常にプレーオフに進出しているため、1997年以来ロッタリーを行っていません。

1997年は下から3番目の順位でしたがオッズを上回り、1位指名権を引き当ててティム・ダンカンをドラフトしました。

2017年にさかのぼっていくつかの主要なルールの変更がありました。

そのため1997年のようなスティールを起こすスパーズのオッズは低いですが、それ以降何よりも高く指名権を手にすることになります。

またドラフトの第2ラウンドで41位指名権を持っています。

ロッタリーは日本時間8月21日金曜日、午前9時30分に開催され、ESPNで放映されます。

一部のメディアメンバー、NBA関係者、および参加チームの代表が出席しますが、会場とは別の部屋に配置されます。

どうかトップ4指名権を!!!

▼筋トレ&プロテイン補給で理想の身体へ!鏡で見たあなたの姿がみるみる変わります▼



▼ たまにポチっとしていただけると、モチベーションがさらに上がります。

NBAランキング

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました