スパーズは口が堅い? 〜 ドラフト情報管理 〜 | 【NBA】SPURS-GYM

スパーズは口が堅い? 〜 ドラフト情報管理 〜

スポンサーリンク
SASコラム

サンアントニオスパーズはこれまでのドラフトの歴史で、素晴らしい選手たちを指名してきています。

2022年のNBAドラフトでは合計四つの指名権を持っており、指名権の行方に注目されています

スパーズはプレイヤーに対する目利きスカウティングが素晴らしいことは 知られています。

それに加えてスパーズは情報を他に漏らさず口が固いことでも有名です。

今回のドラフトでも外部に情報は漏らさないでしょう。

【 最強栄養パン!BASE FOOD 】

口が固くなったきっかけは?

スパーズが外部に情報を漏らさなくなったのは過去の経験から学んだようです。

2008年のNBAドラフトにさかのぼります。

当時スパーズは26位指名権を持っていましたが、 その指名権でニコラス・バテュームを指名する約束をしている?と報じられていました。

しかし残念なことに25位指名権を持っていたブレイザーズに獲得されてしまいました。

その後バテュームが2012年にフリーエージェントになったとき、スパーズが積極的に獲得を目指していました。

これに同様なことが2019年のドラフトでも起きました。

スパーズは自前の29位指名権でジョーダンプールを指名することに興味を持っている、と報じられました。

プール本人も29位で指名される準備をしていた、と話していました。

結果は28位でウォリアーズが指名しました。

スパーズが29位でケルドンジョンソンを指名 できたため、良い結果で終わることができましたが、情報が漏れていたことは事実です。

過去の経験から学ぶこと

ここ2年のドラフトではスパーズのドラフト情報が漏れることはありませんでした。

特に2020年のドラフトではヴァセルとトレジョーンズに絶対情報をもらさないように、と配慮していました。

今年のドラフトは2000年代に入って最高の上位指名権を持っているため、厳密な情報管理をすることとなるでしょう。

スパーズが持っている四つの指名権はドラフトナイトでトレードを行う可能性がありますが、 その思惑を最後まで守り通すことで重要な結果を生むでしょう

引用元:Air Alamo

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

お金の勉強のバイブル!



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました