RS GAME 68 ペイサーズ | 【NBA】SPURS-GYM

RS GAME 68 ペイサーズ

スポンサーリンク
SPURS

今日はホームでペイサーズとの対戦です

ホームで連戦です。

試合結果

一休み。

試合内容

ホーム連戦のため、ヤコブ・マレー・ケルドンは休養です。

1Qはコリンズがミドルシュートなので3点リードを奪いますがペイントエリアでのディフェンスに苦戦し 逆転されます。

開始3分でマクダーモットが3ポイントの着地の時に相手の足を踏み捻挫しました。

そのままコートを去りました。

ランデールの連続得点で反撃しますが、 あの選手はシュートが不調で 点差がなかなか縮まりません。

リチャードソンの得点とロニーの3で何とか点差を縮めます。

9点ビハインドで終了します。

2Qは アウトサイドシュートからの点の取り合いとなります。

ワシントンから3本連続で3を決められてさを広げられますが、スパーズもヴァセル、ロニーを中心に応戦します。

またランデールが内外で効率よく得点を重ねて点差を縮めます。

しかしペイサーズのダイナミックなペイントアタックをなかなか止められず、再び引き離されます。

雑なプレーも目立ちアウトサイドシュートも止められず19点ビハインドとなります。

それでもトランジションからトレ、ロニーのペイントアタック、ヴァセルの3、ランデールのプットバックで得点を重ね12-0のランで追い上げます。

7点ビハインドで前半を終了します

【NBA観戦に最適!楽天モバイル! 】

3Qはオフェンスではチームオフェンスの形は作れていますが、アウトサイドシュートがことごとく外れて決定力に欠きます。

ディフェンスではジャクソンを止められずペイサーズペースの展開が続きます。

一時19点ビハインドとなりますが、リチャードソンの3が決まり15点ビハインドで終了します。

4Qはコリンズとリチャードソンの3で10点差に迫りますが、 アウトサイドシュートが不調でディフェンスでも踏ん張れず再び差を広げられます。

ヴァセルが3Pを沈めて9点差まで詰め寄りますが、 最後まで点差を詰められず敗れました。

試合の印象

ディフェンスで踏ん張れず

昨日のジャズ戦のように終盤粘りを見せましたが、力は残っておらず敗れました。

疲れもあったとは思いますが、ディフェンス面での課題が多い試合でした。

P&Rへのディフェンスでローテーションミスが多く、イージーシュートからの得点を許してしまいました。

オフェンスではチームでパスを回してよく取り組むことができていましたが、フィニッシュの決定力やアウトサイドシュートの精度を欠きました。

ポップは一生懸命戦ったが、キレがなくシュートが入らなかったと振り返っています。

主力が欠場してもディフェンスの強度が維持できるようになるといいですね。

【 ゴールデンセール中!買うなら今!マイプロテイン 】



ランデールがキャリアハイの得点

ベンチから出場したランデールがキャリアハイの22ポイントを上げました。

積極的にオフェンスリバウンドに絡んで得点を量産しました。

オフェンススキルが豊富で、ペイント内の得点力はさすがでした。

あとはディフェンスの対応ですね。

まだまだプレーイン争いの真っただ中です。

切り替えていきましょう。

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

9月16日発売!ヤニス 無一文からNBAの頂点へ



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました