GAME 31 ニックス | 【NBA】SPURS-GYM

GAME 31 ニックス

スポンサーリンク
SPURS

今日はホームでニックスとの対戦です。

今季全敗の鬼門、バックトゥバックです。

試合結果

SPURS WIN !!!

試合内容

オルドリッジは胃の痛みのため欠場です

安全衛生プロトコルで欠場が続いていた ケルドンが出場時間制限付きで戦列に復帰しました。

序盤はスパーズはペイント内のディフェンスを固めます。ミスが続くニックス相手にスパーズが主導権を握ります。 しかしスパーズはシューティングが不調で流れを引き寄せることができず接戦のまま1Qを終了します。

2Qはニックスのアウトサイドシュートが決まり始めリードを許しますが、中盤にパティの3、マレーのドライブから得点を重ねるとリズムを掴み逆転します。

前半を6点リードで折り返します。

後半になるとスパーズは再びディフェンスを引き締め、ニックスはランドルとニリキナのコーナー3P以外の攻め手を欠きます。

対照的にスパーズはライルズとパティを中心にアウトサイドシュートが連続で決まり、徐々にリードを広げていきます。 3Q終盤には19点リードまで広がります。

4Qもシュートタッチは好調を維持して、うまくゲームをコントロールしながらリードを保ち勝利しました。

アウトサイドシュートが好調

Back to back で体力消耗が心配される中でスパーズはデローザン、マレーを起点にパスを回してチーム全体でオフェンスを組み立てました。

この試合アウトサイドシュートが好調で3ポイントを17本沈めました。

3P成功率42.9%と非常に高確率でした。

特にライルズとパティは3Qに合計5本のスリーポイントを沈めて、チームは波に乗りました。

ライルズはシーズンハイの17ポイントを獲得しました。

マレーも3本沈めました。

ディフェンスも安定

アウトサイドシュートに焦点が行きましたが、非常にディフェンスも引き締まって良い出来でした。

ニックスにはランドルのマークを強めて ミドルレンジからのタフショットを打たせて流れを渡しませんでした。

パスカットを積極的に狙い12スティールを獲得しました。

この試合ディフェンスで大きく印象を残したのはサマニッチでした。

オールスターにも選出されたランドルとのマッチアップもありましたが、フィジカルでも負けず最後まで手を伸ばしたショットを誘発していました。

本人もディフェンスの意識は高く、ポップから指示されたらガードからセンターまでマッチアップする、と意気込んでいます。

ポップからもディフェンスの評価は高いようです。

オフェンスでもまだまだミスがありますが、アウトサイドからも高確率でシュートを沈めていました。

ここにきて若手の成長が目覚ましく、嬉しい誤算です。

またデローザン、マレーのプレーメーカーとしての存在感の大きさが際立っています。

欠場者が多い中で素晴らしい勝利でした。

次はホームでサンダーとオールスターブレイク前最後の試合です。

あと1試合の辛抱です。

前の試合は劇的なブザービーターで敗れたので今回は勝利したいですね。


 

カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました