ジョセフ:「サンアントニオには毎日感謝している」 | 【NBA】SPURS-GYM

ジョセフ:「サンアントニオには毎日感謝している」

スポンサーリンク
SASコラム

サンアントニオ・スパーズは、NBAドラフト1巡目の後半にドラフトして多くの成功を収めました。

特に20位代後半では特に多くの成功がありました。

2019年はケルドン・ジョンソン(29)

2017年はデリック・ホワイト(29)


2016年はデジョンテ・マレー(29)


2008年はジョージ・ヒル(26)


2001年にはフランチャイズの名選手、トニー・パーカーまでもが28位で指名されています。

【NBA観戦に最適!楽天モバイル! 】

2011年のNBAドラフトでは29位でコーリー・ジョセフがスパーズから指名されました。

ジョセフは4シーズンもの間、スパーズのユニフォームを着てプレーしました。

さらに2015年にラプターズと契約する前に、スパーズが2014年のNBAタイトルを獲得するのを助けました。

現在はピストンズに所属していますが、元スパーズのジョセフはまだ自分のNBAのルーツを忘れてはいません。

NBA11年目のシーズンを迎えたジョセフは、今でもスパーズを身近に感じ、2011年にフランチャイズが与えてくれたチャンスに感謝している。

Jefe Islandとのインタビューで、ジョセフはサンアントニオが彼に与えた機会について話しました。

スパーズにドラフトされたことは、自分にとっても、自分のキャリアにとっても最高の状況だった。

ドラフトが始まる前の予想では20位台から2巡目までかなり広い指名予想だったんだ。

そんな中でスパーズにドラフトで指名されたことに毎日感謝しているんだ。

コーリー・ジョセフ

ジョセフはスパーズのキャリアで1試合平均5.2点、1.9アシスト、1.4リバウンドを記録しました。

2013年シーズン後半には、負傷したパーカーの代役を見事に務め、スパーズを2013年にNBAファイナルに導くのに貢献しました。

スパーズ以外では他にもペイサーズやキングスでプレーし、堅実なNBAガードとして開花しています。

将来的にはサンアントニオに戻ってきてチームをサポートして欲しいですね。

引用元:KENS5

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

10月13日発売!NBA2022-23シーズン・コンプリートガイド



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました