2年目の3選手とチームオプションを行使。

  • URLをコピーしました!

サンアントニオ・スパーズは、ジェレミー・ソーハン、マラカイ・ブラーナム、ブレイク・ウェズリーの3人の選手について、2024-25シーズンの3年目のチームオプションを行使したことを発表しました。

2022年ドラフトのトリオは、少なくとも2024-2025シーズンまでは契約を結ぶことになるだろう

ソーハンは昨シーズンに2022-23NBAルーキーセカンドチームに選ばれた後、スパーズと2年目の契約を結んでいます。

56試合に出場し平均11.0得点、5.3リバウンド、2.5アシストを26.0分間の出場で記録しました。

また2023年のライジングスターズにも選ばれ、2021年のケルドン・ジョンソン以来、スパーズのルーキーとして10人目となりました。

ソーハンは2022年のNBAドラフトでサンアントニオに1巡目全体9位で指名され、昨シーズン35試合で2桁得点を記録し、ゲイリー・ニールが2010-11年に40試合で2桁得点を記録して以来、スパーズのルーキーで最も多い試合数となりました。

ブラーナムは昨年66試合に出場し、平均10.2得点、2.7リバウンド、1.9アシストを23.5分間の出場で記録し、2年目に臨んでいます。

ブラーナムは2月にルーキー選手中最多の合計185得点、平均16.8得点を記録し、2011年3月のゲイリー・ニール以来、スパーズのルーキーとして1か月に185得点以上を記録した初の選手となりました。

ブラーナムは2022年のNBAドラフトでサンアントニオに1巡目全体20位で指名されました。

ウェズリーは昨年37試合に出場し、平均5.0得点、2.7アシスト、2.2リバウンドを18.1分間の出場で記録し、2年目を迎えます。

ウェズリーは2022年のNBAドラフトでサンアントニオに1巡目全体25位で指名され、ノートルダム大学出身で、オースティン・スパーズでもプレーし、11試合で平均20.7得点、3.7リバウンド、3.1アシスト、2.0スティールを記録しました。

ウェズリーは7月のラスベガスで行われたNBA サマーリーグに出場し、5試合で平均12.8得点、6.0リバウンド、3.0アシストを29.1分間の出場で記録しました。

2022年のスパーズの新人選手トリオ、ソーハン、ブラーナム、ウェズリーは、サンアントニオのフランチャイズ史上初めて、同じ年に1巡目指名選手を3人も獲得したことを記録しました。

これらの選手たちはルーキー契約の4年目、つまり2025-26シーズンにルーキー延長の資格を得ることができます。

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

2024年2月28日発売! 【事前予約受付中】

映画『THE FIRST SLAM DUNK』STANDARD EDITION [Blu-ray]

YouTubeもやっています。

SPURS-GYM チャンネル

皆さんのおかげで継続できています!

マッツのほしいものリスト

たまにポチっとお願いします!

NBAランキング
NBAランキング

ブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次