スパーズのハードなシーズンに灯る希望の光とは?

  • URLをコピーしました!

2023-24シーズンはスパーズにとって苦しいものとなっています。

良いスタートを切った後、チームは15連敗の苦境に立たされ敗北のいくつかは一方的なものでした。

最近の動向については前向きに感じるのが難しい状況です。

ただし、いくつかの明るいポイントもありました。

それらは見逃されることがあったかもしれませんが、存在していました。実際にうまくいったことを見てみましょう。

ビクター・ウェンバンヤマは本物

ほとんどの人がウェンビーは逸材であると知っていましたが、彼がNBAのゲームにどれだけ速く適応するかという心配がありました。

それはあらゆるルーキーに共通する問題ですがそれらの心配をすぐに払拭しました。

ウェンバンヤマは平均19得点、9リバウンド、2アシスト、1スティール、2ブロック以上を記録しています。

19歳ならではのミスをまだあるもののディフェンス絶対的な力に見え、連続得点を決めた瞬間には、将来のスーパースターのように見えます。

スパーズはリーグで最悪の成績を持っていますが、彼がコートにいるときは改善されており、グレッグ・ポポビッチは彼を最適に活用する方法を見つけるためにまだ実験していることが明白です。

ウェンビーはは今すでに優れていますが、これからさらに成長するでしょう。

シーズンの開始時にはすべての注目がウェンビーに注がれましたが、いくつかの不安を抱えながらも期待を裏切っていませんでした。

ウェンバンヤマはドラフト前に多くの人が期待していた通り、20試合でフランチャイズプレーヤーになるのは「いつ」の問題ではなく「いかに」の問題だと証明しました。

契約延長は賢明な投資

昨夏にケルドン・ジョンソンとチームフレンドリーな契約で確保した後、フロントオフィスはこのオフシーズンにトレ・ジョーンズ、ザック・コリンズ、デビン・ヴァセルと延長契約しました。

これまですべての契約は良さそうです。

ジョーンズは2年20Mで契約しました。

彼よりサラリーが高いポイントガードは35人いますが、そのうち多くはルーキー契約の選手です。

ジョーンズには課題があります。特にオフェンスでアウトサイドシューティングとディフェンスでのサイズの不足ですが、タフなディフェンダーです。

ペースを上げ、ハーフコートでのドライブでディフェンスにプレッシャーをかける安定したフロアジェネラルであることを示しています。

スターターとして起用できる質の高いバックアップに1年あたり10Mを支払うのはお得ですし、まだ成長する余地があります。

ザック・コリンズは、今シーズン終了後に2年34Mで契約しました。

それに見合ったパフォーマンスをしています。コリンズはオフェンスで多くを要求されていますが、スクリーンを常にかけながら、1試合平均14得点、4アシストを記録しています。

ペリメーターディフェンスで苦労していますが彼はタフで努力家です。

アウトサイドシュートが低調なため、契約が優れているとは言えない唯一の理由ですが、もしリーグ平均に到達できれば、彼の影響はサラリーをはるかに上回るでしょう。

最も論議の的だった契約延長の一つは、デビン・ヴァセルの契約です。

インセンティブを考慮すると今シーズン終了後に146M以上を稼ぐことができます。

これはハイクオリティなスターターに対しては理にかなったことです。

シーズンは序盤ですが、ヴァセルはその基準を満たしています。

平均18得点で、3P成功率42%を記録しており、まだディフェンスでポテンシャルを見せています。

ヴァセルは飛躍の準備ができているようです。

ヴァセルについての唯一の問題は健康状態であり、既に怪我で出場時間を逃していますが、コートに留まれればシーズンの終わりには彼のポジションで最高の選手の一人となり、サンアントニオが構築できる要素となるかもしれません。

オスマンは嬉しいサプライズ

オスマンはキャバリアーズがサラリーダンプした3チーム間トレードの一環としてスパーズに加わりました。

当時サンアントニオに留まるか、解雇されるかは不明でした。

シーズンの約4分の1が経過した今、彼はローテーションで場を見つけ、生産的で応援しやすい存在となっています。

スパーズはオスマンを最初のベンチからの選手として連れて来ておりシーズンをスタートしてからアウトサイドショットが絶好調です。

オスマンは3P成功率40%を記録しており、積極的に放っています。経験による落ち着いた状況判断を示しており、時折ワイルドで楽しいドライブを見せてくれます。

フロアを上手く使い、ディフェンスではタフに守ることができています。

物事がうまくいっていなくても、サンアントニオにいることを本当に嬉しそうに感じているようです。フランチャイズとセディとの長期的な関係があるかもしれません。

引用元: POUNDING THE ROCK

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

美味しくて手軽にタンパク質が取れます!

【inバー プロテイン ベイクドビター味】

YouTubeもやっています。

SPURS-GYM チャンネル

皆さんのおかげで継続できています!

マッツのほしいものリスト

たまにポチっとお願いします!

NBAランキング
NBAランキング

ブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次