スポンサーリンク

ヤコブ・ユーバンクスと再契約 /メトゥを解雇

スポンサーリンク
SPURS

ドリュー・ユーバンクスが3年5.2Mで契約

制限付きFAとなっていたドリュー・ユーバンクスが3年5.2Mで契約しました。

ユーバンクスは2018年のドラフト外で入団して2way契約の2シーズン目を終えようとしていました。

2018-19シーズンに23試合をプレーした後、ユーバンクスは2019-20シーズンでは22試合で平均12.4分の出場で4.9ポイント、3.9リバウンド、0.8ブロックを記録しました。

ユーバンクスは、オーランドバブルで彼の価値を示しました。

ユーバンクスはベンチから8試合すべてをプレーし、1試合あたり平均17.7分の出場で7ポイント、6.3リバウンド、1.4ブロックを記録しました。

ゲームを改善することに加えて、ユーバンクスが現在「一貫性のある」アウトサイドショットに取り組んでいるとスパーズゾーンに伝えています。

非常に割安の契約だと思います。

ドラフト外から入団し本契約を掴み取りました。

来シーズンもエネルギッシュなプレーを期待します。

ヤコブ・パートルが3年28Mで契約

制限付きFAとなっていたヤコブ・パートルは3年27Mで契約しました。

ヤコブは2019-2020年シーズンはオルドリッジのバックアップの任務を担当しましたが、オルドリッジはシーズン終了の肩の手術を受けた後、NBAリスタートのスターターとして起用されました。

ヤコブは平均5.6ポイント、5.7リバウンド、1.8アシスト、1.8ブロックを記録しました。

ヤコブはチームトップの合計ブロック数、ネットレーティング、スクリーンアシスト数を記録しました。

他のチームがマッチするリスクもありましたが、ヤコブはスパーズに残留してくれました。

また想定よりも安い金額でサインできたので良かったです。

来シーズンもゴール下の番人として期待しています。

チメジー・メトゥを解雇

2年目のビッグマンのチメジー・メトゥは解雇されました。

メトゥは、USCからの2018NBAドラフトで49番目にドラフトされました。

意外な3年間の契約を結び、最初の2年間は保証されました。

メトゥは47試合に出場し 平均2.3ポイントと1.5リバウンドを記録しましたが、ほとんどの時間をオースティンでの育成に費やしました。

メトゥは真のポテンシャルに到達することはなく、スパーズがラマーカス・オルドリッジとトレイ・ライルズが欠場したにもかかわらず、バブルでローテーションスポットを確保できなかったため、来シーズンに戻ってこない可能性が高いことは明らかでした。

ポテンシャルは高かっただけに残念な結果となりました

新天地での活躍を期待します。

メトゥの解雇は残念でしたがヤコブとユーバンクスとは想定よりも安く契約を結ぶことができました。

来シーズンもインサイドをよろしくお願いします!!

ーーー
11月28日(土)深夜2時から30日(月)21時まで-ブラックフライデー本番セール
コード【TEAMJP51】使用でサイトより1%高い51%オフ

詳細はサイトでチェック!
ーーー


カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました