ボリス・ディアウがスパーズの文化と雰囲気を称賛 | 【NBA】SPURS-GYM

ボリス・ディアウがスパーズの文化と雰囲気を称賛

スポンサーリンク
SASコラム

元スパーズの優勝メンバーの一人ボリスディアウは長い期間サンアントニオスパーズに所属していませんでしたが、最も愛されているスパーズの選手の一人です。

ボリスディアウの明るくて愛想がいい性格と印象的なプレーで、2011年にサンアントニオスパーズに加入してからすぐにファンのお気に入りの選手になりました。

もう10年ほど前になりますが、ファンは元々ディアウがスパーズに加入する可能性は低かったことを忘れています。

ディアウはシャーロット・ホーネッツのベンチプレイヤーになってバイアウトされたあと、様々な選択肢があった中でスパーズを選択しました。

ディアウがREAL1のPodcastでサンズ時代のチームメイト、ラジャベルとサンアントニオを選んだ理由について二つあったことを語りました。

「スパーズの文化と雰囲気は最高」

一つ目のポイントはトニーパーカーとの関係でした。

パーカーとは母国フランスで一緒に育ちました。

そこでパーカーはスパーズのプレーのシステムやチーム内の様子についてディアウに多くのことを伝えていましたが、他にも魅力的な部分があったようです。

ディアウが言ったようにコート上でのシステムは興味を持っていましたが、それ以上にディアウにとって魅力的だったところはサンアントニオスパーズの文化でした。

サンアントニオの文化は素晴らしい これは RCビュフォードGMとポップが何年にもわたってコツコツと作り上げてきたものだと思う。

この組織は本当にアットホームな雰囲気と勝利についてお互いに協力して気を使うという文化を作り出していた。ちょうど私がフランスに帰国しているときに最初にトニーの所を訪れたその時に聞いた話がとても印象的だった

フリーエージェントの選手にとってサンアントニオの文化とプレイヤーを大切にする姿勢は他のチームとの違いを生むかもしれません。

プレイヤーにとってお互い尊重する組織でプレーする機会はよりビックマーケットでプレイするよりも魅力的かもしれません。

今年のオフはキャップスペースが5200万ドルを超えて設定されています。

スパーズはフリーエージェントの獲得に向けて準備する必要があります。

サンアントニオのカルチャーと良い雰囲気を強調することは、スパーズが競合としてプレーオフに返り咲く重要なことになるでしょう。

このPodcastではヒートとのファイナルのこと、コーヒーギャングの事と色々話しているので興味がある方は聞いてみる価値があります。

 

自宅トレにおすすめ!かなり身体が引き締まりました。


カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました