各チームの過去で変えたいシナリオは?〜スパーズの場合 〜 | 【NBA】SPURS-GYM

各チームの過去で変えたいシナリオは?〜スパーズの場合 〜

スポンサーリンク
SASコラム

好きなNBAチームの歴史の流れが、そのチームの過去の何かが違う形で展開されていたら、どのように変わっていただろうと考えたことはありますか?

NBAの長い歴史の中では、 過去に遡って別のことが起きていれば、歴史が変わっていただろうという出来事が多く存在します。

その瞬間が変わることでNBAタイトルを獲得したり、王朝を形成したりしたのでは?と各NBAチームのファンたちは想像を膨らませています。

BleacherReportでは 各チームにおける過去の歴史のwhat-if シナリオ( もしあの時〜こうしていれば…) を紹介しています。

スパーズのwhat-if シナリオはどの場面でしょうか?

【NBA観戦に最適!楽天モバイル! 】

もしカワイがケガしていなければ…

2017年のウェスタンカンファレンスファイナル第1戦でザザ・パチュリアが左足首の下を踏むことがなかったら、サンアントニオ・スパーズとカワイ・レナードはどうなっていたでしょうか?

そして、もしその瞬間が歴史から削除されていたら、ゴールデンステートとトロントはどうなっていただでしょうか?

この疑問はここ数年のスパーズファンにとって頭を悩まされています。

プロジェクト・スパーズのポール・ガルシア氏がこの疑問について焦点を当てました。

ウォリアーズはケビン・デュラントを擁するスーパーチームで、そのシーズンは67勝し、最終的にタイトルを獲得した。

しかしスパーズも61勝し、第1戦の第3Q残り8分28秒で21点のリードを保っていたエリートチームだった。

もしレナードが怪我をせず、スパーズが第1戦に勝っていたらどうだろう?

ホームコートのアドバンテージを奪っていただろうし、そのあとはどうなるか。

あのシーズンは両チームともオフェンスもディフェンスもトップ10入りしていた。タイトル争いに必要な要素を備えていた。

あの試合はスパーズがタイトル争いに加わっていた最後の試合だった。

レナードは2017-18シーズンに9試合しか出場できず、トレードを要求して翌夏にトロントで移籍することになった。

もしスパーズがウォリアーズを破り、2016-17年にタイトルを獲得していたら、今チームで2度のNBAチャンピオンになっていたことを考えると、レナードとスパーズの関係は崩れなかったかもしれない。

ポール・ガルシア

サンアントニオの別のシナリオを考えるために、2017年のウェスタン・カンファレンス・ファイナルの結果を書き換えようと試みました。

もしかするとスパーズはウォリアーズを完全にひっくり返さないまでも、ウォリアーズに対して十分な戦いができたかもしれない。

あの怪我はスパーズにとって終わりの始まりであり、その後のレナードの様々な怪我は、彼と組織の間に多くの不和と距離を生む元凶となりました。

もしスパーズがカワイのトレードで、もっと将来を見据えた別のリターンを受け入れたら?

トレードが起きていなければどうなっていたか?

この1つを一致させるために他のwhat-ifは及びません。

2013年NBAファイナルの第6戦(あるいは第7戦)もあるが、このシリーズを失ったことが、2014年のチャンピオンシップの追い風となった。

現在でもスパーズファンの頭を悩ませています。

引用元:Bleacherreport

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

9月16日発売!ヤニス 無一文からNBAの頂点へ



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました