SPURS-GYM : NBA,スパーズ&筋トレ情報届けます.

NBA、SPURS(スパーズ)応援ブログです.NBA&筋トレ情報をお届けします。ファン歴18年。

【スポンサーリンク】

スパーズはプレーオフにいけるのか?過去のシーズンとの共通点は?

スポンサーリンク


f:id:nba-iwantsomenasty:20191205165735j:image

スパーズ浮上のキーマンとなるか?

 

スパーズは開幕から20試合経過した時点で、7勝13敗と今までにないほどスロースタートな序盤戦となっています。

 

心配な戦い振りもありましたが、チームは徐々に調子を上げてきています。

 

先日のロケッツ戦では22点ビハインドをひっくり返して大逆転勝利を収めたスパーズです。

 

その原動力となったのは2年目のロニー・ウォーカーです。

その勝利をきっかけにスパーズの浮上を期待するファンは非常に多いと思います。

 

実はそれには前例がいくつかあります。

 

去年の今頃は?

 

実は昨シーズンの浮上のきっかけとなった時期と場面が今シーズンと類似しています。

 

昨シーズンの12月5日の時点でスパーズは11勝14敗と調子が上がらずにいました。

 

今年以上に内容が悪い試合が多く、 3試合連続ブローアウト負けを喫したこともあり、プレーオフ進出がもう難しいのではないか?という声が上がっていました。

 

 

 しかしスパーズはそれ以上に借金を背負うことなく、徐々に 調子を上げていき、周囲のネガティブな意見を振り切ってプレーオフを掴み取りました。

 

そのきっかけは当時2年目だったデリック・ホワイトが、控えからスターターに抜擢されたことです。

 

それまでは新加入のベテラン、ダンテ・カニンガムが 3番ポジションに入っていましたが、 オフェンス面での貢献が厳しく、ディフェンス面でもスピードのある選手のマッチアップに苦戦していました。

 

デリック・ホワイトがラインナップに入ることにより、オフェンス面ではそれまでゲームメイクも全て担っていたデローザンの負担を減らし 、ディフェンス面では 相手のエース級の選手に マッチアップして苦しめていました。

 


Derrick White 2018-19 Season Highlights [HD]

 

ホワイトの活躍は同年代のフォーブス、ヤコブにも波及しました。

 

今では3人ともチームの核になる選手に成長しました。

 

他にも!

 

また時期は多少異なりますが 2017-18 シーズンも共通点があります。

 

 当時カワイ・レナードの復帰の目処が立たない中、チームは深刻な得点力不足に 陥っていました。

 

そこで当時2年目のデジョンテ・マレーが頭角を表しました。シーズン途中にトニー・パーカーからスタメンの座を勝ち取りました。

 

特にディフェンス面での貢献が著しく、アンダーソン、グリーンとともに、しぶといディフェンシブなチームを作り出しました。プレーオフ進出に大きく貢献しました。

 

マレーは史上最年少でオールディフェンシブ2nd チームに選出されました。

 


Spurs PG Dejounte Murray 2017-2018 Season Highlights ᴴᴰ

 

スパーズの浮上のカギは2年目の躍進が関係しているようです。

 

 2年目でブレイクアウトした選手がロスターに2人もいます!

 

今年もそうなるように楽しみにしています。

 

 

 

 

引用記事・画像:

Twitter

CLUTCH POINT


twitter.com

 

▼ たまにポチっとしていただけると、モチベーションがさらに上がります。

 
NBAランキング

 

#NBA
#バスケットボール
#サンアントニオ・スパーズ
#GO SPURS GO