フォーブスが所属するバックスがNBA制覇。 | 【NBA】SPURS-GYM

フォーブスが所属するバックスがNBA制覇。

スポンサーリンク
NBA

7月21日、NBAファイナル第6戦がミルウォーキー・バックスのホームで行われました。

3勝2敗と王手をかけていたバックスは、ヤニスアデトクンポの活躍もあり、試合に勝利してNBA チャンピオンとなりました。

元サンアントニオスパーズのガード、ブリンフォーブスがNBAチャンピオンに輝きました。

フォーブスはファイナルの6試合のうち3試合で出場して、平均3ポイント、3P成功率33%を記録しました。

フォーブスはバックスのファイナルシリーズの大きなファクターではありませんでしたが、確かにそこまでに導いた重要な要素でした。

プレーオフで出場時間が徐々に減っていきましたが、チームに不可欠な存在でした。

フォーブスはレギュラーシーズンにミルウォーキーのベンチから出てきた特別な選手でした。

平均19分の出場でキャリアの中で、最高の3P成功率で平均10ポイントを獲得しました。

3P成功率では、チームメイトのボビー・ポーティスのすぐ後ろで、リーグで4位の成功率でレギュラーシーズンを終えました。

持ち味を活かすことができたロスター

レギュラーシーズン中、フォーブスはサンアントニオでのディフェンスの苦痛を経験し続けましたが、ミルウォーキーは偉大なディフェンダーでいっぱいのロスターでそれを補うことができました。

フォーブスはサンアントニオを離れ、優勝チームとNBAの最大のスターの1人に加わりました。

フォーブスはまた、スパーズでの彼の役割と比較して、はるかに適した役割を見つけました。

ミルウォーキーではベンチから出場して、自分が最も得意とすること、つまり3ポイントを打つことに集中することができました。

ヤニスはファイナルMVP賞と栄誉を獲得し、クリスミドルトンとジュルホリデーはサポートキャストを務めました。

ボビー・ポーティスも、特に彼のゲーム6のパフォーマンスに関して、言及に値します。

ネッツやハーデン時代のロケッツとは異なり、フォーブスとバックスはチームバスケットボールをします。

ファイナルでのバックスの勝利は組織、ヤニスのようなフランチャイズスター、そしてスパーズのようなスモールマーケットチームにとって大きな勝利です。

ブリンフォーブスは「NBAチャンピオン」の称号にふさわしい人物です。

Gリーグから契約を勝ち取った苦労人

フォーブスは元々ドラフトされておらず、NBAでサンアントニオスパーズとのチャンスを与えられました。

スパーズはすべてのスポーツで最もチーム志向の組織の1つとして有名です。

Gリーグで時間を過ごし、サンアントニオへの道を進んだ後、彼はリーグで十分に認知され、バックスとの素晴らしい短期契約を獲得しました。

バックスはスパーズのようにドラフトを構築し、フリーエージェントでサポート役を見つけます。

フォーブスはチームバスケットボールをしていて、いつも同じ志を持った選手たちに囲まれています。

フォーブスの猛烈な努力は彼を信じられないほど遠くまで連れて行きました。

そして彼はミルウォーキーで彼が成し遂げることができたもののために世界中ですべての賞賛に値します。

ブリンフォーブスは素晴らしいチームメイトであり、優れたシューターであり、NBAチャンピオンです。

心から祝福します。

引用元:Air Alamo


 

カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました