デローザンがオフシーズンについて語る〜 挑戦からは逃げない 〜 | 【NBA】SPURS-GYM

デローザンがオフシーズンについて語る〜 挑戦からは逃げない 〜

スポンサーリンク
SASコラム

11月19日の朝、スパーズのガードであるデマーデローザンは、ロサンゼルス近くの自宅で最悪の悪夢に直面しました。

デローザンが 知らない不法侵入した男が 若い我が娘の一人と同じ部屋にいました。

6-6、220ポンドのデローザンは侵入者を追いかけました。

そして容疑者は後に強盗罪で逮捕されました。

土曜日の話を振り返ると、デローザンは

自分は(治安が悪い地域で有名な)カリフォルニア州コンプトンで育った。もっとひどい状態だったよ。

侵入者のエピソードは、誤ったアイデンティティのケースであることが判明しました。 

TMZによると、侵入者は警察に、デローザンの自宅の近くに住むテレビスターのケンダル・ジェンナーの家に不法に侵入するつもりだったと語った。

侵入した先が不運でした。

デローザンのオフシーズンの過ごし方

この事件はスパーズがオーランドからNBAを離れてから数か月を過ごしました。

さらに周りの声が届かない所を求めたデローザンのオフシーズンとはまったく対照的でした。

デローザンはオフシーズンはモンタナに定住しました。

モンタナでは31歳のデローザンがこの秋トレーニングし、精神を清め、メンタルを再調整し、人間との接触を避けるために数週間の休養を兼ねていました。

デローザンはモンタナで過ごしていたことはほとんど知られていません。

それがまさに私がそこに行った理由。毎年誰も私が行くことを期待していなかった場所をランダムで決めて行くことが一種の安心をつかめる。

デローザンは、スパーズの得点(1試合あたり22.1ポイント)とアシスト(1試合あたり5.6ポイント)をリードし、キャリア最高のFG成功率53.1%を記録したシーズンを終えて、 バスケットボール人生の岐路に立つプロとしての生活を送りました。

重大な選択を迫られたオフ

デローザンはオフシーズン選択に直面しました。

無制限のフリーエージェントになって次のチームを選ぶか、サンアントニオで 3年目のシーズンに戻って2770万ドルを稼ぐことができました。

デローザンは8月にオーランドを離れたときでさえわからなかったと語りました。

「おれは去ることを考えている」または「とどまることを考えている」と自問自答して考えたことはなかった。

単に、「どうすれば今後良くなることができるか」ということだった。

時間は常に自分自身を理解している。

結果はスパーズに残ることを選択しました。

その選択はパンデミックによって抑制されたNBAフリーエージェント市場は、デローザンの選択をより明確にするのに役立ちました。

フリーエージェントに入ると、デローザンを競争力のあるオファーにするのに十分なサラリーキャップスペースを持っていたのは5つのNBAチームだけでした。

コロナウイルスの影響で多くのチームはこのオフシーズンにお金を使う気がありませんでした。

来年の夏のフリーエージェント市場はより堅調になると予想されます。

デローザンがスパーズでプレーする理由

デローザンには経済的な収益以外にも、スパーズとの3シーズン目をプレーする理由があります。

昨シーズンの終わり方に満足していない。より成功するチャンスが見える。 自分をもっと簡単な状況に置くこともできたが、挑戦から逃げたことはない。

【ヤングコアについて】

それが戻ってきた主な理由の1つだ。おれがヤングコアに抱いていた信念と自信、そしておれたちがバブルで始めたものの一部になりたいと思っていた。

私も彼らとと似たような才能があればいいのにと思う…だけど彼らはただそこに出て、心と感情だけでプレーしている。

もし彼らがゲームを理解してより良い感覚を得ると、おれもずっとよくしたいというの自信が生まれる。

彼らがプレーして成長を見ること、参加すること、そして助けることはエキサイティングだよ。

スパーズはデローザンはNBAで最もクリエイティブな2ポイントのスコアラーの一人であり、ロッカールームでの存在感があり、リーグで最も人気のある選手の1人です。

スパーズは若さと可能性を中心に再建しようとしているので、デローザンを短期的にはいくつかのピースを引きつけるのを助けるかもしれないプレーヤーと見なしています。

バブルではそれが顕著でした。

スパーズのヤングコアたちは、 システムを簡略化したコーチのグレッグポポビッチがバブルの中で解き放たれたことで繁栄しました。

デローザンはプレーの主導権をヤングコアひ譲りつつも、スコアラーとしての得点力は維持しました。

特にクラッチタイムで存在感を強く発揮しました。

マレーは デローザンに対して賞賛のコメントをしています。

デマーはプロだ。チームには出場機会が増えた若い選手が何人かいるので調整した。 

それをデマーが引き継ぐ必要があると同時に、デマーは引き継ぐ準備ができていた。

デローザンはバブルでのスパーズでの彼の経験が 非常に生きるシーズンとなるでしょう。

本人が発言してないことは信じない方がいい

デローザンは本人の意図しない形でスパーズへの移籍となりましたが、スパーズはパートナーシップを最大限に活用しようとしました。

デローザンはサンアントニオへのコミットメントを再確認し、ここで不幸だったというオフシーズンのメディアの報告をノックダウンしました。

↓デマでした↓

デローザンは、

自分の口から発言していないなら、誰にもそれを信じないように忠告する

サンアントニオのデローザンにとって、今シーズンはうまくいかないかもしれません。

それでもデローザンがチームの為に全力を尽くすことは間違いありません。

デローザンは3月のトレードデッドライン締め切りまでトレードの議論に自分自身がどうやったら良くなるかを見つけるでしょう。

これはデローザンのスパーズとの最後の ランになるか、

チームの可能性を信じてスパーズで残ってくれるかもしれません。

今シーズンのコートで何が起きたとしても、デローザンに感謝して応援していきたいです。

引用元:ExpressNews.com


 

カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました